このページの本文へ

上海問屋「青軸/赤軸 光るUSBミニキーボード」

青軸/赤軸採用でコンパクトサイズの光るUSBミニキーボード

2016年08月11日 23時15分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 上海問屋から「青軸/赤軸 光るUSBミニキーボード」が登場。ドスパラ秋葉原本店2階の上海問屋コーナーで販売中だ。

「青軸/赤軸 光るUSBミニキーボード」。デスクのスペースを取らないコンパクトなサイズだ

 この製品は、サイズ340(W)×105(D)×35(H)mmのコンパクトな青軸・赤軸採用キーボード。アルミ製筺体をベースに、「カチカチ」とした硬質なキータッチが特徴の青軸ゴールドモデルと入力音が「スコスコ」と静かな赤軸シルバーモデルがラインナップされる。

LEDライトは予想以上に光る印象。明るさの調節や、常時点灯→点滅への切り替えができる

 LEDライトは、PCゲームで使用頻度が高い、上下左右のカーソルキーと「W」、「A」、「S」、「D」のキーが色違いで発光。「FN」+スペースキーの操作で、明るさの調節や、常時点灯→点滅への切り替えができる。そのほか、Nキーロールオーバーに対応。本体背面には、「CapsLock」、「Ctrl(左)」、「Win」、「FN」キーの機能を切り替えられるディップスイッチも搭載する。

 そのほか、キー配列は英語68キー、ケーブル長約1.6m。価格は7407円(税抜)だ。

【取材協力】

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ