このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

Windows Info第65回

最新のWindowsにおけるファイルの関連づけを分析する

2016年07月16日 12時00分更新

文● 塩田紳二 編集● ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Windowsには、データファイルから、それに対応するアプリケーションを起動する機能がある。これはファイルを簡単に調べることができる「ファイルブラウザ」を持つGUIシステムでは、普通の機能として多くのOSに搭載されている機能だ。Windowsでは、これを「ファイルの関連付け」という。

Windowsのファイルの関連づけは昔ながらの方式……のように見えるが、徐々に仕組みは新しくなっている

 ファイルの関連付けの機能は、初期のWindowsからある機能だが、Windowsの進歩に合わせて、多くの変更が行なわれてきた。しかし、互換性は保たれており、Windows XP用に作られたアプリケーションをWindows 10にインストールしても、ちゃんと動作できるようになっている。

 関連付けについては、普段あまり気にする必要はないのだが、汎用のデータタイプ、たとえば、テキストファイルやJPEG、PNGといった画像ファイル、ZIPなどのアーカイバーファイルなどの関連付けは、勝手に変更されると使い勝手に影響されることがある。

 変更したアプリのアンインストール処理が正しく行なわれれば元に戻すこともできるが、そうでないデスクトップアプリケーションもある。また、Windows Vista以来、アプリが特にデータファイルのアイコンを指定しないと、アプリ自身のアイコンが使われる。

 しかしデータファイルの場合、エクスプローラーに大量のアイコンが並ぶこともあり、アイコンの視認性や好みなどに影響がある。見慣れたアイコンが変更されてしまうと、ファイルを見つけにくくなるなどの弊害もある。コミカルなアイコンは親しみを覚える人もいるだろうが、気に入らないと、俗に言う「小一時間説教したい」気持ちになることもある。というわけで、今回は、この関連付けについて見ていくことにしよう。

Windows 10における関連付け機能の変更点

 ファイルの関連付けの機能は、Windows XP以来、Windows Vista、Windows 8で変更があり、Windows 10でも、基本的な仕組みはWindows 8と同じだが、その振る舞いが変更されている。従来との違いは、データファイルのデフォルトのアプリケーションをユーザーが必ず明示的に指定するようになった点だ。

 データファイルをエクスプローラーからダブルクリックなどで開く場合に、もし、そのデータタイプを処理できる新しいアプリがインストールされていたら、Windows 10は、どれを使って開くのかを尋ねるダイアログを必ず表示する。このダイアログは、アプリケーションから呼び出すことはできず、Windows 10が判定して表示を行う。

 また、古いタイプのCWP(Classic Windows Apps。いわゆるデスクトップアプリ)では、レジストリ設定などで、デフォルトアプリケーションを変更しようとするが、Windows 10はこれを無効化して、ユーザーに「設定アプリ」の「システム→規定のアプリ」を使うように指示するメッセージを表示する。これにより、アプリを起動すると勝手にデフォルトアプリケーションを書き換えるといったことがなくなり、ユーザーは、データファイルに対して自分が指定したアプリケーションが常に起動するようにできる。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン