このページの本文へ

バックアップとデータガバナンスの両方に対応した次世代統合アプライアンス

“ダークデータ”可視化に初対応、ベリタス「NetBackup 5240」

2016年07月14日 06時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ベリタステクノロジーズは7月13日、バックアップアプライアンスの最新版「NetBackup 5240」の提供を開始した。ファイルのメタデータを統計/可視化する「Information Map」機能も備えており、データ保護と同時に、ビジネス価値のない“ダークデータ”の管理が行える、初めての次世代統合アプライアンスとなる。

ベリタスが発売したバックアップアプライアンス「NetBackup 5240」(拡張シェルフ接続時)

 NetBackup 5240は、2Uサイズのバックアップアプライアンス。最大実効容量は27TBで、最大4台の拡張シェルフを接続することで、201TBまで拡張できる。10GbEと8Gb FCに対応し、バックアップスループットは最大53TB/時。前世代モデル(NetBackup 5230)との比較で、1Uあたりの容量は36%増加し、またバックアップパフォーマンスは30%高速化している。

 ベリタスでは、本来保存し続ける必要のない無価値/価値不明なデータ=“ダークデータ”を適切に管理することで、データ保護コストを最適化する「データガバナンスの確立」を提唱している。そのためのツールとして、保存ファイルのメタデータ(最終アクセス日付、サイズ、アプリケーションタイプなど)を多角的に分析/可視化するInformation Mapを提供しているが、今回のNetBackup 5240には同社アプライアンスとして初めて、このInformation Mapが搭載された。

Information Mapは、ファイルの保存期間やサイズ、アプリケーションタイプなどを統計/可視化するツール

 Information Mapの活用によって、ストレージの最適化がわずか24時間程度で簡単に実行できる、とベリタスでは述べている。なお、このInformation Mapは従来のNetBackup 5200シリーズ上のファイルも統計/可視化対象とすることができる。

カテゴリートップへ

ピックアップ