このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

最新端末を丸裸! スマートフォン定点観測 第162回

ZenFone/Priori/Moto X、SIMフリーのバッテリー大きめスマホの速度を比較!

2016年06月27日 12時00分更新

文● 小林 誠 編集● ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 バッテリー容量が大きめのSIMフリーのスマホ、3機種を比較するスマホ定点観測。今回はスピードチェック。サイズは比較的大ぶりで重めなので、片手操作はやや苦手と想像できるが、どうなるだろうか。ベンチマークテストをしながら文字入力なども見てみる。

ZenFone Max

Priori 3S LTE

Moto X Play

バッテリーサイズの大きさが共通点
スマホとしてのスペックはやや差もある

 大容量のバッテリーを搭載したSIMフリーのスマホ、ASUS「ZenFone Max」、FREETEL「Priori 3S LTE」、モトローラ「Moto X Play」を集めて比較しているが、前回は4000mAhのバッテリー容量を搭載しトータルコストも安価なPriori 3S LTEを勝ちとした。

 Prioriよりも大容量の5000mAhバッテリーを搭載したZenFone Maxもスペック的にはミドルクラスでしかもまずまず安価で、こちらも買いやすいモデルだ。バッテリー容量3630mAhのMoto X Playは全体的なスペックで他の2機種より上回っており、長スタミナでかつ高性能端末を大手キャリアよりも安く使いたいという人は選択肢に入るだろう。

 そのほかのスペック、対応機能については下の表をおさらいしてほしい。

  ZenFone Max Priori 3S LTE Moto X Play
メーカー ASUS FREETEL Motorola Mobility
本体サイズ 約77.5×156
×5.2~10.55mm
約72×144
×9.4mm
約75×148
×8.9~10.9mm
重量 約202g 約161g 約169g
画面サイズ 5.5型 5型 5.5型
画面解像度 720×1280ドット 720×1280ドット 1080×1920ドット
OS Android 5.0.2 Android 5.1 Android 6.0
CPU クアッドコア
1.4GHz
クアッドコア
1GHz
オクタコア
1.7GHz+1GHz
ROM/RAM 16GB/2GB 16GB/2GB 16GB/2GB
メモリーカード microSDXC(128GB) microSDXC(128GB) microSDXC(128GB)
下り最大通信速度 150Mbps 150Mbps 150Mbps
4G対応バンド 1/3/5/6/8
/9/18/19/28
1/3/7/8/19 1/3/5/7/8/19
/20/28/38/40/41
キャリアアグリゲーション × × ×
VoLTE × × ×
連続通話時間 2258分(3G) 840分(3G) 1350分(3G)
無線LAN IEEE802.11n
(2.4GHz対応)
IEEE802.11n
(2.4/5GHz対応)
IEEE802.11n
(2.4/5GHz対応)
カメラ画素数 1300万画素 800万画素 2100万画素
インカメラ 500万画素 200万画素 500万画素
防水/防塵 ×/× ×/× ×/×
ワンセグ連続視聴 × × ×
フルセグ連続視聴 × × ×
FeliCa × × ×
赤外線通信 × × ×
NFC × ×
Bluetooth 4.1 4.0 4.0
MHL(HDMI) × × ×
Miracast ×
SIM形状 microSIM×2 micro+nanoSIM nanoSIM×2
バッテリー容量 5000mAh 4000mAh 3630mAh
Qi × × ×
生体認証 × × ×
カラバリ ブラック、ホワイト マットブラック、パールホワイト、ネイビー ブラック、ホワイト

 今回はベンチマークテスト、そしてスクロール、文字入力のチェックを行なう。ただしSIMフリー端末で、基本的にはいずれもドコモ系SIMを利用するのが前提の端末だけに、通信速度やブラウザー表示チェックは省いている。

 3機種ともサイズ感は見た目、持ってみても自然な感じとはいえ、本体サイズの数字を見ると大ぶりであることは間違いない。果たして片手操作のテストでどんな成績となるだろうか。

 まずはベンチマークアプリを使ったチェックから。

ベンチマークアプリ2本テスト
CPUのスペックどおりにMoto X Playが圧倒

 ベンチマークテストでは2本のアプリ「AnTuTu」と「3Dmark」を使用し、各項目の最高スコアを掲載。なお計測は各機種3回ずつ、同時に行った。

 まずは「AnTuTu」の結果。

(最高値) ZenFone Max Priori 3S LTE Moto X Play
AnTuTu 26324 23753 44696
3D 861 1947 8126
UX 11182 9720 17409
CPU 11534 8572 15507
RAM 2805 3603 3746

 スペックの高いMoto X Playが圧勝した。トータルスコアは4万超え。他の2機種が2万越えと大差。当然各細かいスコアでも上で、3D、UX、CPU、RAMでもすべてリード。

ZenFone Max

Priori 3S LTE

Moto X Play

 それに続くのはトータルスコアで2万6324のZenFone Max。3DとRAMのスコアではPriori 3S LTEに敗れたがUX、CPUのスコアでは2位につけている。最後のPriori 3S LTEはトータルスコア2万3753とZenFone Maxと僅差だった。

 続いては「3Dmark」の結果。

(最高値) ZenFone Max Priori 3S LTE Moto X Play
トータルスコア 54 76 374
グラフィックス 43 61 316
フィジックス 730 606 1034

 これもやはりMoto X Playが圧倒した。トータルスコアは374。グラフィックスは316、フィジックスは1034。2位はPriori 3S LTEだが、トータルスコアが76と大差がついた。3位のZenFone Maxはトータルスコアが54、グラフィックススコアは43とやや厳しい結果に。

ZenFone Max

Priori 3S LTE

Moto X Play

 とはいえAnTuTuも含めて、基本的にはスペックどおりの結果と言える。ZenFone Max、Priori 3S LTEは価格を考えると仕方ないところだろう。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン