このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

末岡洋子の海外モバイルビジネス最新情勢 第153回

欧州でのブランド認知にサッカーを活用するファーウェイとZTE、積極的なスポンサードを展開

2016年06月22日 12時00分更新

文● 末岡洋子 編集● ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Samsungは認知度が十分に上がったので降りた!?
サッカーを活用するのにちょうどいいタイミングがある?

 2005年から続けていたチェルシーFCのスポンサー契約を更新せずに終了したSamsungだが、その背景にはSamsungのブランド認知度が上がったことがあるという。

 Business Insiderによると、英国ではSamsungのブランドは、ハイテク好きに限らず一般的に知られるものとなり、チェルシーファン以外から敬遠されるかもしれないという懸念があったようだ。


筆者紹介──末岡洋子


フリーランスライター。アットマーク・アイティの記者を経てフリーに。欧州のICT事情に明るく、モバイルのほかオープンソースやデジタル規制動向などもウォッチしている

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン