このページの本文へ

従来のXeon Phiコプロ比で約2.5倍の性能、2U/8ノードの高密度集約サーバーに搭載

富士通、HPC向けに新Xeon Phiプロセッサ搭載サーバー発表

2016年06月22日 06時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 富士通は6月21日、インテルが新発売した「Xeon Phiプロセッサー ファミリー」を搭載するサーバー製品、「FUJITSU Server PRIMERGY CX600 M1」を9月からグローバルで販売開始すると発表した。高い性能が求められるHPC(ハイパフォーマンスコンピューティング)分野向けのサーバー。

9月からグローバルで販売されるXeon Phiプロセッサ搭載サーバー「FUJITSU Server PRIMERGY CX600 M1」

 インテルでは2013年より「Xeon Phiコプロセッサー」を販売してきたが、同日発売されたXeon Phiプロセッサはその後継となる。コプロセッサではなくCPUとして動作するのが従来との大きな違いで、1CPUあたり最大72コアを搭載し、従来比で約2.5倍となる理論性能3T FLOPS以上の演算能力を持つ。

 この新しいXeon Phiプロセッサを採用したPRIMERGY CX600 M1は、2Uサイズのシャーシに8ノード(前面/背面各4ノードずつ)を格納した高密度サーバー。1ラック換算で最大168ノードの集積密度となる。1ノードあたりXeon Phiプロセッサ×1、メモリはプロセッサ内蔵の高速MCDRAMが最大16GB、DDR4メモリが最大384GB、SATAフラッシュモジュール、SATA HDD/SSDなどが搭載できる。

PRIMERGY CX600 M1は2Uシャーシに8ノードを格納する高密度設計。前面4ノード、背面4ノードを搭載する

 冷却ファンによる空冷モデルに加え、水冷モデルもラインナップされている。水冷モデルでは、サーバーラックに連結されるCDU(Cooling Distribution Unit)での熱交換、および屋外の冷却塔による外気冷却によって、大規模構成時の冷却コストや消費電力を大幅に削減できる。

 なお富士通では、Xeon Phiプロセッサと最新Xeonプロセッサ(Xeon E5-2697Av4、2.6GHz/16コア)を比較したベンチマーク検証結果を公開している。Xeon Phiにより、流体解析でおよそ4.4倍、気象解析でおよそ3.9倍の性能向上になったという。

カテゴリートップへ

  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!