このページの本文へ

組み合わせて使えるGoogle Homeは今年後半にもリリース予定

言葉を理解する人工知能アシスタント「The Google assistant」

2016年05月19日 14時00分更新

文● 貝塚/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Official Google Blogより

 米グーグルは現地時間の5月18日、言語を認識するパーソナルアシスタントプラットフォーム「The Google Assistant」を発表した。

 同社では現在も「OK,Gooole.」からはじめる会話型の検索機能を提供しているが、The Google Assistantは人と会話するように、ユーザーからのさまざまな指示を受け取り、それに応じた処理をする。Googleと紐付いて学習するAI(人工知能)で、指示に対する処理にはユーザーのアカウント情報や位置情報、検索履歴などを反映する。

 グーグルでは、同日にThe Google Assistantと組み合わせて使用する家庭向けデバイス「Google Home」も発表している。The Google Assistantの提供開始時期など、詳細は明らかにされていないが、The Google Assistantを基幹として作動するGoogle Homeは今年の後半にも提供を開始する予定だとしている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン