このページの本文へ

制作プロセスやプロジェクト手法が身に付く

実例からみるBtoBサイトのUX設計セミナー

2016年06月01日 11時00分更新

Web Professional編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷
01.png

株式会社ロフトワークは、UXを軸にしたWebサイト構築をプロジェクト事例を通じて紹介するセミナー「loftwork Designing Approach #2 BtoBにおけるUX設計 ユーザーニーズの顕在化と課題発見のプロセス」を、6月17日、東京・渋谷で開催する。

プロジェクト事例を通じて制作プロセスやプロジェクト手法など、クリエイティブの質を向上させるための実践をロフトワークが紹介するloftwork Designing Approachの第2回のテーマは「BtoBのWebにおけるUX設計プロセス」。

UXデザインは、ビジネス成果へのインパクトや顧客との継続的なコミュニケーションの観点から、BtoBビジネスにおいても重要だとされている。BtoCサイトであれば、UXの設計段階で、デザインリサーチやデプスインタビュー、カスタマージャーニーなどの手法が使える。

BtoBのWebサイトはエンドユーザーが見えづらく、ユーザーインタビューなどデザインリサーチ手法を活用しにくい。今回のセミナーでは、ロフトワークが手がけたBtoB企業のWebリニューアル事例をもとに、UX設計のプロセスが解説される。

参加費は無料、定員は80人。セミナー登壇者は、矢橋友宏 取締役 兼 CMO、菊地充クリエイティブディレクター、佐々木星児クリエイティブディレクターの3人。

loftwork Designing Approach #2
BtoBにおけるUX設計
ユーザーニーズの顕在化と課題発見のプロセス

日時
2016年6月17日(金)15:00〜17:30(開場 14:45)
主催
株式会社ロフトワーク
会場
THE ROOM DAIKANYAMA(渋谷区恵比寿西1-34-17 HOUSEビル3F,4F,5F
参加費
無料
定員
80名
受講対象
Webリニューアルを検討中の企業の担当者
制作パートナーの選定を検討中の担当者
Webサイトの目的や役割から整理したい人
ユーザーのニーズやインサイトをきちんと理解したい人
体験を軸にしたWeb設計を実現したい人

※詳細は、「こちら」。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く