このページの本文へ

3Dモデリングでミニ四駆、サードウェーブが作成教室を協賛

2016年05月09日 15時46分更新

文● オオタ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サードウェーブデジノスは、静岡ホビースクエアにて開催される「3Dモデリングでミニ四駆のオリジナルボディを作る講座」に協賛すると発表した。開催日は、5月14日、15日で各日10時~17時。参加費用は一般:1万8800円、学生:9600円、18歳未満は4600円。当日は空き容量が1GB以上あるUSBメモリーが必要になる。

 主催である一般社団法人3Dデータを活用する会・3D-GANは、これまで親子向けのイベントとして「3Dプリンターでマイミニ四駆をつくろう!親子工作体験教室」として日本各地で開催していたが、今回はより本格的な大人のためのイベント。受講時間は約6時間で、「オリジナルボディの3Dデータ」の作り方を学ぶ。作成した3Dデータを3Dプリンターで出力できる受講者向けのサービスも用意しているとのこと。

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ