このページの本文へ

ズバッと解決! Windows 10探偵団第108回

PCが正常に動作しているうちに、回復ドライブを作成しておこう

Windows 10の回復ドライブと再インストールの違いを教えて

2016年05月09日 09時00分更新

文● 柳谷智宣 イラスト●てりィS Factory 編集●E島/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Windows 10の最新情報を常にウォッチしている探偵・ヤナギヤが、Windows 10にまつわるギモンに答える本連載。

 基本技から裏技・神技、最新ビルドのInsider Previewの情報まで、ドド~ンと紹介します。

「回復ドライブ」と検索し、「回復ドライブの作成」を開く

調査依頼
回復ドライブと再インストールの違いを教えて

 Windows 10の動作がおかしくなったりして、元の環境にしたいことがある。そんな時は、インストールディスクがあれば、Windowsの再インストールが可能。Windows 10の場合、7月29日までは「Windows 10を入手する」から、インストールメディア作成ツールがダウンロードできる。ただし、普通の再インストールなので、ドライバーのインストールなどは一からやり直しになる。

ウィザードに従って、回復ドライブを作成する

 USBメモリーに作成した回復ドライブがある場合、工場出荷時の状態に復元することができる。PCに付属していなかった場合は、あらかじめ作成しておこう。8GB以上のUSBメモリーを用意し、「回復ドライブの作成」ウィザードに従うだけでOK。シールに「○○用回復ドライブ」と書いて貼り付けておくと、いざという時にすぐ見つけられて便利だ。

専用のUSBメモリーを用意しよう

 回復ドライブは、PCのリカバリー領域のデータをUSBメモリーに記録したもの。OSのアップグレードやパーティション編集ツールなど、特殊なソフトをインストールすることで、リカバリー領域が失われることがあるので要注意だ。PCが正常に動作しているうちに、回復ドライブを作成することをオススメする。

回復ドライブをPCにつないでUSBブートする。最初はキーボードレイアウトを選択する

 回復ドライブを利用する際は、PCにUSBメモリーを装着して電源オン。USBメモリーから起動し、キーボードを選んだら、「トラブルシューティング」→「ドライブから回復する」を選んで復元する。その際、自分で使い続けるなら「ファイルの削除のみ行う」を選んで短時間に処理してしまおう。売却したり譲渡する場合は、「ドライブを完全にクリーンアップする」を選択し、個人データを完全に消去しておこう。


これでズバッと解決!

 再インストールは、ゼロからWindows 10をインストールし、再セットアップする。一方、回復ドライブは、作成したタイミングの環境にリカバリーできるのが特徴


 Windows 10探偵団は毎週、月・水の午前9:00、日曜日の12:00に更新します。お楽しみに!


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン