このページの本文へ

発見!Steamおすすめのゲーム ― 第30回

他人を蹴落とせ!ずるくて汚いグレムリンたちのデジタルボードゲーム『Gremlins, Inc.』:Steam

2016年05月06日 13時00分更新

文● 篠原修司 編集●ジサトラアキラ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 PCゲームのダウンロード販売サイト『Steam』から、面白いゲームを発掘して紹介するレビュー連載。第30回は、勝利を求めてグレムリンたちが醜い争いを繰り広げるボードゲーム『Gremlins, Inc.』を紹介する。

 Gremlins, Inc.は、スチームパンクの世界で腐敗した資本主義者のグレムリンたちが、金、権力、名声を求めてお互いの足を引っ張り合いながらゴールを目指すボードゲームだ。

 他人の邪魔をするのは当たり前。不正行為で金を奪ったり警察に賄賂を送ってライバルを刑務所にぶち込んだりとやりたい放題だ。ともすれば娑婆から刑務所にいるライバルの金や名声を巻き上げることだってできてしまう。

 だが、それでいい。勝ってしまえば何をしても許される。ここは資本主義社会。目標を達成した奴がいちばん偉いのだ。

嬉しい日本語対応

 まず伝えておきたいのは、本作が公式に日本語に対応している点だ。公式に日本語に対応している。大事なことなので2回言いました。

左側の国旗ボタンから日の丸を選ぶと日本語になる

 もちろん日本語化はUIだけではなく本文も対象だ。このためチュートリアルでしっかりとGremlins, Inc.のルールを学べるぞ。

チュートリアルをしっかり受けよう

ゲームの基本はカードゲーム×すごろく

 細かいルール説明はチュートリアルに任せるとして、ここではカンタンなゲーム内容を紹介していきたい。

 Gremlins, Inc.は配られた6枚のカードを使ってボード上を移動し、目標となる勝利条件――例えばスコア20達成や30ターン経過後にスコアでトップなど――を達成すれば勝利となる。カードの左上にはサイコロの目が書いてあり、その目の数だけボード上を移動できる。

6枚のカードを使って移動する

 カードは移動以外にも特定のマス目でその効果を発揮できるが、当然ながら移動に用いたカードは消費されてしまうため、効果を得たいカードは手元に残しておくプレイングをしなければならない。

 ただ、Gremlins, Inc.のカードはなかなか意地悪な設定になっており、だいたいの目が“3”になっている。良い効果のカードは“2”か“4”、強力なカードは“1”、“5”、“6”の目が設定されており、希望のマスに進むために泣く泣く強力なカードを切ることも。

使えるカードほど移動ポイントが異なる

 また、“ロケーション”と呼ばれる特定のマス目にはカードの目の数がオーバーしていても止まれるのだが、全てのロケーションの3マス先にはプレイヤーにデメリットをもたらすマスが用意されており、これがプレイヤーを苦しめてくる。そんなわけでプレイヤーは「あーでもない、こーでもない」と頭を悩ませながらプレイしていくこととなる。

光っているマスがロケーションマス

 ちなみにボード上にゴールは存在せず、まれに寄り道をしながらもぐるぐると同じルートを回り続けることになるため、強力なカードを移動に使うほど有利になるといったことはない。大事なのはどのカードを残し、どのカードを使うかという判断だ。

金、名声、悪名。運命を左右する資源

 プレイヤーはこうしてボードを移動しながら、金、名声、悪名の資源を貯めていく。金はいわゆるゴールド(コスト)であり、このゴールドと特定のカードを消費することでスコアを獲得できる。

 ゴールドは収入マスを通過して得るほか、ほかのプレイヤーから奪ったりカードを使用したりすることで入手でき、さらには名声やスコアを売ることでも入手できる。ゴールドがなければ使用できないカードが多いため、ときにはスコアを売ってゴールドを得る方法もありうるのだ。

 名声はカード、もしくはトリビューンマス(ゴールドを消費してルーレットを回す)などで得られ、名声がいちばん高いプレイヤーが“知事”になれる。知事になると警察マスや賄賂マスといったプレイヤーにデメリットをもたらすマスの効果が免除されるため、かなり有利にボード上を移動できるようになる。

名声が高いプレイヤーが知事になる選挙イベント

 悪名はもうそのままの意味で、不正行為でゴールドや名声を得たりほかのプレイヤーを罠にかけたりすると上がっていく。これが高いと不幸な効果に見舞われやすいが――たとえばボード上でいちばん悪名の高いプレイヤーのスコアがマイナスされるといったイベント――悪名ゼロでもグレムリンの世界ではあまり良いことはないため、ある程度は汚いプレイもかかせない。

 これら3つの資源に気を配りながら、細かく、ときには大きくスコアを獲得していこう。

目立つな。しかしトップで勝て

 Gremlins, Inc.の勝利条件はやや変化があるものの、基本的にスコアをいちばん稼いだプレイヤーの勝ちとなる。スコアの稼ぎ方は主に大量のゴールドを消費するカードの使用だ。

 つまり、ゴールドを貯めこんでる奴はそれをスコアに変換する可能性が高い、という推測が立つ。あれれ? そんな奴を放置しちゃって良いの? 何もせずにスコアを獲得させちゃうわけ?

 良いわけがない。

 じゃどうするか? 妨害でしょ!

 ゲームにはいくらかのゴールドを消費して、ほかのプレイヤーから金や名声を奪ったりカードを捨てさせたり刑務所送りにしたりできるカードがある。トッププレイヤーはほかのプレイヤーからこうした妨害を多く受けることとなるため、華麗に逃げ切るなんてことはまずできない。

有効なカード交換して目的を妨害
相手に不幸を送り込む
直接ぶつかればゴールドを消費するか刑務所送りになるかを選ばせられる

 トップに立った人間をほかのプレイヤーが協力して引きずり下ろす行為がつねに行われ、トップの座はめまぐるしく交代していく。出る杭は打たれるのだ。勝利するには、こそこそと目立たないようにしながらもほかのプレイヤーを出し抜く計画性が何よりも重要だ。

 ゴールド以外にいくらかの名声を失ったり悪名を得ることでスコアを稼ぐことも可能だ。大事なのはいかにバレずにスコアを得るか。こうした駆け引きこそが本作の一番の面白さと言えよう。

刑務所からの手紙~お前の金よこせ~

 Gremlins, Inc.の特徴は、プレイヤーはプレイ中ほぼ1回は確実に「刑務所送り」にされるところだろう。警察マスでわいろを支払わなかったためや、リスクマスや不幸マスのイベントによって刑務所送りにされてしまう。もちろん、ほかのプレイヤーの妨害でぶち込まれることもある。

警察マスでワイロをケチるとまれに刑務所送りになる

 刑務所では通常のカードの代わりに刑務所カードを引き、その効果を得ることができる。また、刑務所に収監されている期間が長ければ長いほど“刑務所ランク”が上昇し、刑務所ランクが高くなるほど強力な刑務所カードが使えるようになる。

態度によって刑務所ランクの上がり方が違う

 つまり、何度も刑務所送りになれば最終的にはメリットも得られるようになり、刑務所のなかから外にいるプレイヤーのゴールドを奪ったり自分の身代わりとして刑務所にぶち込んだりできるようになるのだ。

 場合によっては刑務所にぶち込まれたときだけ使えるカードを使って、刑務所内でスコアを稼ぐことだって可能になるのだ。

オンラインマルチでずる賢く勝て!

 以上がGremlins, Inc.の大まかな紹介となる。一言で表すなら「ほかのプレイヤーを妨害しながら自分だけ勝つゲーム」と言えよう。リアルでプレイしたら喧嘩になること間違いナシだ。

 しかしご安心。Gremlins, Inc.はオンラインでのマルチプレイ対応ゲームだ。つまり相手は画面の向こう側にいるため、思う存分卑怯なプレイをしても大丈夫なのだ。

ランクマッチができる。待ち時間もシングルプレイが可能だ。

 1プレイの時間はスコア20達成などの条件であればシングルプレイで20~30分ほど。オンラインマルチでも30分~1時間ほどで楽しめる。ただし勝利条件次第では2時間、3時間とかかるため、ゲームに参加する前に設定をよく確認しておくことがオススメだ。

4人対戦のマルチプレイは楽しいぞ!

 もうすぐゴールデン・ウィークだが、これ1本あれば暇になることはないぞ。

Gremlins, Inc.の推奨動作環境は?

 GPUの最低要件に“Intel Iris 4800”との記載があるが、Iris Pro Graphicsシリーズには“4800”の製品は存在しないようだ(おそらくCore i7-4800HQに搭載するIris Pro Graphics 5200と混同しているのかも)。CPU内蔵GPUでも上位のIrisを指定していることや、推奨要件を“GeForce 9XX or AMD”としていることから、何かしらのゲーム用GPUを搭載したほうがよさそうだ。

 フレームレート上限の30fpsなので、Core i7-3770(3.4GHz)、GeForce GTX960を搭載するPCだと、常時上限に張りついた。

『Gremlins, Inc.』
●Yukitama Creative Industries
●1680円(2016年3月11日リリース) ※価格は記事掲載時点のものです
対応OS Windows、Mac
ジャンル 独立系開発会社、ストラテジー
Gremlins, Inc. (c) 2013-2016 Alexey Bokulev and Sergei Klimov. Developed by Charlie Oscar Lima Tango Interactive Entertainment UAB (Vilnius, Lithuania) under contract for Yukitama Creative Industries LRM Limited. All rights reserved. Published internationally by Yukitama Creative Industries LRM Limited. For full list of collaborators, please refer to in-game credits. All hail the gremlin Governor!

■著者:篠原修司
・Steamのプロフィールページ:Steam コミュニティ :: KiDD
・Twitter:@digimaga

■関連サイト

Steam入門記事まとめ
ジサトラ×アスキー Facebookページ
ジサトラにご意見募集中!

カテゴリートップへ

この連載の記事

facebook

お便り募集

入門記事まとめ

メンバー紹介

  • カクッチ

    カクッチ

    スプラッター・ホラー系FPSが大好物のドS系ボス。使用PCパーツは当然最上位

  • アキラ

    アキラ

    MOBAやRTSなどeスポーツタイトル好き。ミドルレンジのPCパーツで最適解を探る

  • つばさ

    つばさ

    ゲーム動画担当。CPUの端子を素手で触るという豪快さに一抹の不安が残る自作超初心者

  • イッペイ

    イッペイ

    大紅蓮丸や大風連丸などムチャな自作ならこの人。MMORPGはぼっちでがんばる

  • ハッチ

    ハッチ

    2次元を追求する“VRアダルティスト”。アーケードゲームにも造詣が深い

  • マツノ

    ショータ

    FF14やPSO2を現役でプレイし続けるMMORPG好き。控えめに見せかけて実は辛辣

  • キタムラ

    キタムラ

    日課はアキバのパトロール。自作パーツの掘り出しものを見つけるのが生きがい