このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」 第376回

ヌメ革なめらかさが気持ちいい、高級iPad Proケースを衝動買い!

2016年04月20日 12時00分更新

文● T教授、撮影● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「買うしかない」と思わせるほど
iPad Proにぴったりのケース

この状態で約3週間、都内を毎日のように持ち歩いてみた

この状態で約3週間、都内を毎日のように持ち歩いてみた

 スリーブを使いはじめて今日で約3週間が経過したが、iPad Proにはピッタリのケースだという印象だ。スリーブ単体の重量は実測で約268g。Apple Pencilを入れて全部で1019g。旧来のiPadやiPad miniと比較するとその重量はかなり重い。

何で軽さを達成するかは人それぞれだが、筆者はカバンをたった200gのTYVEK製のブリーフケースに替えたので、iPad Pro+Apple Pencil(751g)を加えても、トータルで1kg以下の軽さだ

何で軽さを達成するかは人それぞれだが、筆者はカバンをたった200gのTYVEK製のブリーフケースに替えたので、iPad Pro+Apple Pencil(751g)を加えても、トータルで1kg以下の軽さだ

この状態で、カバンの中に入れたり出したりしてみても、意外とほかの同梱物と引っかかることはなく、気にならなかった

この状態で、カバンの中に入れたり出したりしてみても、意外とほかの同梱物と引っかかることはなく、気にならなかった

 しかし、長辺から取り出せる仕組みは、出先でも車内でも、筆者の普段使いのTYVEK製のたった200gのブリーフケースから、スリーブはカバンの中に残して、iPad Proだけを引き出すには極めて便利な使い勝手を発揮してくれている。

パワポ制作は自宅のデスクトップPCでのみ行ない、オン・ザ・ウェイではメール閲覧とソフトキーによるメール返信、ペンによる修正、更新だけと作業の区分けを決める。誰もができることではないが、これでパソコン時代のモバイルとは違うスタイルに変更できた

パワポ制作は自宅のデスクトップPCでのみ行ない、オン・ザ・ウェイではメール閲覧とソフトキーによるメール返信、ペンによる修正、更新だけと作業の区分けを決める。誰もができることではないが、これでパソコン時代のモバイルとは違うスタイルに変更できた

 パワポなどのデジタルな制作系は自宅に居る時にデスクトップPCでこなし、オン・ザ・ウェイでは、単なるブラウジングかペンを使ったデジアナ的なアップデートだけなら、iPad Pro+Apple Pencil+「職人が作るオイルドレザースリーブ for iPad Pro 12.9インチ用 スペシャルエディション・ペンホルダー付きモデル」は超理想的なケースに違いない。

約3週間でいろいろな傷や擦れができたが、指先やタオルでこすっているうちに、傷も小さくなってくる。そして傷も風合いで、自然な表面処理だと思えるようになってくる。iPad Proの9.7インチモデルもAir 2サイズもあるようだ

約3週間でいろいろな傷や擦れができたが、指先やタオルでこすっているうちに、傷も小さくなってくる。そして傷も風合いで、自然な表面処理だと思えるようになってくる。iPad Proの9.7インチモデルもAir 2サイズもあるようだ

 特に気遣うことなく、スリーブに入ったiPad Proをほぼ毎日のようにラフに持ち歩いているので、ヌメ革の表面には既にいくつも傷がついてしまったが、大事に長く使ったゆえの傷であれば、それがどれだけたくさんあったとしても「味」となってますます価値を上げていくに違いない。

 「職人が作るオイルドレザースリーブ for iPad Pro 12.9インチ用 スペシャルエディション・ペンホルダー付きモデル」は、名前も長いが、些細な傷なら、ナチュラルな表面処理の一つとして似合ってしまうヌメ革の逸品だ。これはもう買うしかない!

T教授

今回の衝動買い

アイテム:職人が作るオイルドレザースリーブ for iPad Pro 12.9インチ用 スペシャルエディション・ペンホルダー付きモデル

価格:国立商店にて1万3608円で購入


T教授

 日本IBMから某国立大芸術学部教授になるも、1年で迷走開始。今はプロのマルチ・パートタイマーで、衝動買いの達人。
 T教授も関わるKOROBOCLで文具活用による「他力創発」を実験中。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン