このページの本文へ

機械学習により世界で毎日数億件ともいわれるスパムをブロック

グーグル、Gmailに機械学習を用いた新セキュリティ機能を搭載

2017年06月02日 18時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
危険なURL、マルウェアを含むファイルなど、単なるリストだけではない危険性予測を機械学習によって実行している

 グーグルは5月31日、Gmailの新セキュリティとして機械学習用いたマルウェア対抗策を導入したと発表した。

 フィッシングなどの悪意のあるリンクをクリックする際に警告するほか、添付ファイルに関する防御を強化している。添付ファイルでは、ファイルおよびメール送信者のヒューリスティックを関連付けて、新しいマルウェアの亜種を含む警告を表示。 ゼロデイ脅威やランサムウェアなどからユーザーを保護する。また、実行可能ファイルやJavascriptファイルなどリスクの高いファイルタイプをブロックする。

 グーグルによれば、機械学習を用いたスパム検出は99%の精度を実現したとしており、毎日数億件と見られるスパムのブロックにより、単なる迷惑メールだけではなくセキュリティ脅威を減らしているとしている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

灯油タンクで残量検知を実現!北海道の生活を守るIoTとは【熱量IoT】#3

動画一覧はこちら!