このページの本文へ

東芝勝負の春モデル! IPSパネル&直下型LED採用の4Kレグザが登場

2016年04月19日 14時00分更新

文● ハシモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Z700X」シリーズ
「Z700X」シリーズ

 東芝は4月19日、4K液晶テレビの新モデル「Z700X」シリーズと「M500X」シリーズを発表した。レグザブランド10周年モデルの第2弾 で、発売日と価格は以下の通り。

Z700Xシリーズ
製品名 サイズ 予想実売価格 発売時期
55Z700X 55V型 32万円前後 4月21日
49Z700X 49V型 28万円前後 4月21日
43Z700X 43V型 23万円前後 4月21日
M500Xシリーズ
製品名 サイズ 予想実売価格 発売時期
58M500X 58V型 27万円前後 6月下旬
50M500X 50V型 21万円前後 6月下旬
40M500X 40V型 18万円前後 6月下旬

 同社は既存の最上位モデルにあたる「Z20X」を含めて、4KテレビではVAパネルを採用してきたが、Z700XはIPSパネルを採用。比較的階調表現がいいVAと視野角が広いIPS、どちらかを選べるラインナップとなった。

バックライトは直下型を採用。ただしZ20Xの高輝度タイプではない バックライトは直下型を採用。ただしZ20Xの超高輝度タイプではない

 バックライトは直下型を採用し、エリアコントロールも可能。画像処理エンジンにはZ20Xと同じ「4KレグザエンジンHDR PRO」を採用する。

画像処理エンジンは「4KレグザエンジンHDR PRO」 画像処理エンジンは「4KレグザエンジンHDR PRO」

 HDR(ハイダイナミックレンジ)信号にも対応しており、非HDR信号の映像のダイナミックレンジを拡張する「アドバンスドHDR復元プロ」も利用可能。

 そのほか、自然な色を再現する「広色域復元プロ」や、約0.6フレームの低遅延を実現する「4Kゲーム・ターボ」なども搭載する。PCとの接続では2560×1440ドット、60p入力が可能だ。

 オーディオはボックス構造のバスレフスピーカーを搭載。同社のサラウンドスピーカー「RSS-AZ55」とシンクロ再生が可能だ。

「まるごとチャンネル」は画面左と下に裏番組のサムネイルを表示する機能
「まるごとチャンネル」は画面左と下に裏番組のサムネイルを表示する機能

 全録機能の「タイムシフトマシン」も利用できるほか、画面上に裏番組6ch分のサムネイルを表示する「まるごとチャンネル」機能も新たに備わった。このサムネイルは各々秒間2コマで更新される。

「M500X」シリーズ
「M500X」シリーズ

 M500Xは、VA方式の液晶パネルを採用。バックライトはエッジ型で、HDR信号には対応するがエリアコントロールには非対応。タイムシフトマシンも非搭載となる。

付属リモコン。左のZ700X用は「まるごとチャンネル」ボタンがある 付属リモコン。左のZ700X用は「まるごとチャンネル」ボタンがある

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン