このページの本文へ

Operaの元CEOが立ち上げた新ブラウザーがついに正式公開

Operaの元CEOが開発したブラウザー「Vivaldi」がついに「1.0」に

2016年04月06日 16時00分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Vivaldi 1.0

 ノルウェーのVivaldi Technologiesは4月6日、新たなウェブブラウザー「Vivaldi 1.0」をリリースした。

 Vivaldi Technologiesは、かつてOperaブラウザーを開発していたCEOが立ちあげた企業。Vivaldi 1.0には開きすぎたタブをグループ化するタブスタック、軽快なブラウジング環境を提供するクイックコマンド、マウスジェスチャー操作やキーボードショートカットなどを装備し、スマートなサイドパネルやスピードダイヤルを装備。さらにChromeのアドオンにも対応する。

サイドバーやタブスタックなど随所のデザインがスマートな印象となっている 

 約1年前からベータ版を公開してテストが行なわれており、ベータ版は数100万ものダウンロードがされたという。Windows、Linux、OS X版が公開されている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン