このページの本文へ

オンラインプライバシーの向上をうたう

Opera、ブラウザー初のフリーVPN機能を搭載

2016年04月21日 19時22分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Opera 38 developer

 Opera Softwareは4月20日(現地時間)、最新の開発者バージョンにてフリーVPN機能を搭載したと発表した。

 最新バージョンはOpera 38(デベロッパー・バージョン)。無料で使えるVPN機能の搭載を大きな特長としている。Operaが提供する仮想IPアドレスを用いるため、国や地域、IPアドレスなどによって利用できなかったサービスやサイトにアクセスすることが可能になる。

 Operaによると、世界インターネット人口の24%がVPNサービスを利用しており、その理由として、38%が「よりよいエンターテイメントへのアクセス」、30%が「匿名性のため」、28%が「自国ではアクセスが制限されたネットワークへのアクセス」などがある。また、22%が「自国では制限されたニュースへのアクセス」のために使用しており、無料ブラウザーであるOperaが無料でVPNを提供することは情報の平等性という点で大きなインパクトがあると思われる。

 このほか、ネイティブな広告ブロック機能、スピードダイヤルの改善、個人のテーマ作成機能などが追加されている。Windows、MacおよびLinuxで利用できる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン