このページの本文へ

週刊アスキー連動【超お役立ち】特集第17回

テレビ音声飛ばせるBluetoothオーディオコンバーターでゴロ寝がはかどる【超お役立ち】

2016年04月03日 11時00分更新

文● ハシモト

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

週刊アスキー連動【超お役立ち】特集

3月18日発売の「週刊アスキー」特別編集ムックは2016春の超お役立ち特大号!! ASCII.jpでは誌面連動特集として、誌面に載せきれなかった大量のお役立ち知識を掲載します。編集部秘蔵のお役立ちフォルダーが火を吹きますぜ。

 Bluetoothイヤフォン/ヘッドフォンの普及が目覚ましい昨今、すでにスマートフォンなどの音楽を聴いている人も多いと思う。

 筆者は外出先だけではなく、自宅でもBluetoothヘッドフォンを愛用している(むしろ自宅での利用率が高い)。深夜に録り貯めたテレビ番組をまとめて見るのだが、集合住宅なのでスピーカーで音は出せないためだ。

 昔は有線ヘッドフォンを使っていたが、ケーブルの長さが足りず、いつもテレビの前に鎮座せざるを得なかった。しかし、ある製品を導入してから少し離れたソファーの上で寝転がってテレビを見られるようになった。

 それがBluetoothヘッドフォンと、ソニーの「HWS-BTA2WA」(実売価格5800円前後)である。

 HWS-BTA2WAをひとことで言うなら据え置き型のBluetoothオーディオコンバーター。アナログ入力された音声をBlueoothで飛ばしたり、逆にBluetoothの音声をアナログ音声出力したりできるデバイスだ。

 テレビとHWS-BTA2WAを音声ケーブルで接続し、電源をオン。ACで駆動するため、つけっぱなしにできるのがポイント。いちいちコンバーター側の電源を入れる必要がない。

縦置きにできるように、固定具が付属する
本体背面。音声入力と出力の端子がそれぞれある本体上部に電源スイッチと送信/受信の切り替えスイッチを搭載

 ちなみに、(筆者は使うことはないが)スマホの音をHWS-BTA2WAを介してスピーカーなどに出力することもできる。オーディオ出力端子と入力端子は別に用意されているので、配線を変える必要はない。

 さて、このワイヤレスオーディオ環境、実は難点がある。Bluetoothヘッドフォンは充電が必要で、ほとんどのモデルは充電中のBluetooth受信には対応していない。つまり、ヘッドフォンのバッテリーが切れたら使えなくなる。

 ポータブル型のBluetoothオーディオコンバーターというのがいくつか存在し、これなら充電しながらの使用が可能な製品が多いのだが、充電しながらBluetooth通信ができるヘッドフォン/イヤフォンというのはなかなか少ない模様。現在探し中である。

週アスもゴロ寝しながら見てね

ハシモト

 AV(オーディオ・ビジュアル)とカメラ担当。取材が多いためモバイルPCとカメラは常に持ち歩くが、歳をとるごとに重い機材を持ち運ぶことが困難となり、今やなるべく軽いPCになるべく軽いカメラが製品選択の一番の基準となる。


週刊アスキー特別編集 2016春の超お役立特大号

またもや紙で登場!「週刊アスキー」特別編集

タブレットにPC、スマホにAV家電まで
激安から超高性能どれを買うのが正解!?
春のデジモノいいとこどり2016

●電力自由化時代の歩き方
●格安SIMスタートガイド
●今さら聞けないiPhone 6s大全
●初めてのドローン購入ガイド10機種 ほか
【特別付録】秋葉原最新ガイドマップ

■判型:A4変、152ページ
■ISBN:978-4-04-865631-3
■発売:2016年3月18日(金)
■定価:690円
■販売店:全国の書店、コンビニ、ネット書店など


■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン