このページの本文へ

EOS Kiss X8iにも

EOS 8000Dに新キット! 新開発「ナノUSM」レンズが付属

2016年03月24日 15時28分更新

文● 鈴木誠史/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「EOS 8000D・EF-S18-135 IS USMレンズキット」

 キヤノンは3月24日、一眼レフ「EOS 8000D」および「EOS Kiss X8i」と高倍率ズームレンズ「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM」を組み合わせたレンズキットを発表した。3月31日から販売を開始する。

 EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USMは、3月25日発売の高倍率ズームレンズだ。新開発の超音波モーター「ナノUSM」を搭載し、従来機種よりもフォーカスレンズの駆動速度が最大約4.3倍となり、AF速度が向上したという。シャッター速度換算で4段分の手ブレ補正機構を搭載するほか、動画撮影時の電動ズームが可能となるパワーズームアダプター「PZ-E1」(6月下旬発売予定)に対応している。

「EOS Kiss X8i・EF-S18-135 IS USMレンズキット」
「PZ-E1」を装着したEF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM

 「EOS 8000D・EF-S18-135 IS USMレンズキット」は実売価格が15万6384円となる見込みで、「EOS Kiss X8i・EF-S18-135 IS USMレンズキット」は15万984円となる見込み。どちらも「リオ2016オリンピック日本代表選手団応援キャンペーン」の対象で、それぞれ1万円のキャッシュバック、オリジナルグッズをプレゼントする。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン