このページの本文へ

リリース時期は未定

サムスンがVRヘッドフォン「Entrim 4D」発表、4Dシアターを疑似体験できる

2016年03月16日 15時21分更新

文● 佐藤 正人(Masato Sato)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
サムスン・エレクトロニクスがVRヘッドフォン「Entrim 4D」を発表

 サムスン電子は3月14日(現地時間)、SXSW 2016においてGVS(ガルバニック前庭刺激)と呼ばれる技術を用い、ヘッドフォンにある電極から耳の神経に特定の電気信号を送信することで、使用者に動きの方向と速度を感じさせるVRヘッドフォン「Entrim 4D」を発表した。

 GVS技術により、たとえばVR内でジェットコースターに乗っている際は、まるで映画館の4Dシアターのような体験が味わえるという。

 Entrim 4Dの開発にあたっては、ハードウェアの専門家やソフトウェアエンジニア、生物医学工学の専門家のもと、1500人以上を対象に実験を実施したとのこと。なお現段階ではまだ開発中で、リリース時期は未定。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン