このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

いま聴きたいオーディオ! 最新ポータブル&ハイエンド事情を知る第2回

充電まで無線対応のBluetoothヘッドフォン、だけど……

Parrot Zik3はワイヤレスがウリ、でも敢えてPCにつなぎたい

2016年03月15日 13時00分更新

文● 小林、編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「Parrot Zik 3」は、“デザイン”と“機能”の両面が特徴的な“ノイズキャンセリング”対応の“Bluetoothヘッドフォン”だ。フランスのパロットが開発し、国内ではモダニティが販売。2012年に日本上陸した初代機「Parrot Zik」。軽量化し、デザインや機能もブラッシュアップした「Parrot Zik 2.0」に続く3代目となる。

USB DACを内蔵し、パソコンのハイレゾ音源も再生できる

 まずは機能から。Zikシリーズは非常に多機能だ。Bluetooth 3.0での接続(有線でのパッシブ駆動も可能)に加え、アクティブ・ノイズ・キャンセリング(ANC)や、ハウジング部(右耳側)に指先で触れるジェスチャー操作、NFCを活用したペアリングといった機能が利用できる。また専用アプリを利用して、高機能なパラメトリックEQや本体の情報の確認ができるなど、スマホとの連携性も優れている。

ジェスチャー操作はZikシリーズの特徴のひとつ。着信に応えたり、Siriの音声操作などもできる。
アプリのコントロール画面。中央の円がバッテリー残量。NC、EQ、音場設定などもワンタッチでオンオフできる。プリセットイコライザーの調整画面。中央の球を指先で動かすと周波数特性が変わる。かなり個性的なUI。部屋の広さ、そしてスピーカーの角度などを調整したのに近い形で音場を作る機能も持つ。

 重量は270gあるが、装着感の良さもあり、長時間のリスニングでもそれほど疲れない。。対応プロファイルはAAC/SBC。リモコン操作やハンズフリー通話もできる。

付属のUSBケーブルを使いパソコンと直結できる。USB DACを内蔵しており、ハイレゾ音源の再生が可能。また疑似サラウンド再生にも対応する。

 以上は従来機(Zik 2.0)から進化しつつ継承している機能。

 さらにZik 3は、USB DACの機能をヘッドフォンに内蔵。USBケーブルでパソコンと本体を直結することで、ハイレゾ音源(PCMで最大192kHz/24bit)の再生ができるようになっている。また、充電器は別売となるが、ワイヤレス充電(Qi)に対応する点も面白い。

 今回は機器の都合で試せていないが、専用アプリもスマートフォン(iOS/Android)だけでなく、Apple WatchやAndroid Wearなど「スマートウォッチ」用のコントロールアプリも用意している。

ブラック&ステッチ調の処理。レッド&クロコダイル調の処理。

 カラーについては「ブラック」「ブラウン」「エメラルド・グリーン」「レッド」「アイボリー」を用意。樹脂表面に刻んだパターンと塗装で、高級素材に似せた肌触りを実現している。ブラック、ブラウン、エメラルド・グリーン、レッドのクロコダイル調、ブラック、アイボリーのステッチ刺繍調、ブラックのレザー調が選べる。ヘッドバンドはZik 2.0と比べて幅広かつ柔軟性があり、より快適な装着感を目指している。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

秋の「鉄板ヘッドフォン」購入ガイド

ピックアップ