このページの本文へ

sknet「MonsterXX2」

HDMIビデオキャプチャーカードの新モデル「MonsterXX2」

2016年03月09日 22時38分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エスケイネットから、PCI Express x1インターフェースに対応するHDMIビデオキャプチャー「MonsterXX2」(型番:SK-MVXX2)が登場した。

PCI Express x1インターフェースに対応するHDMIビデオキャプチャー「MonsterXX2」

 「MonsterXX2」は、2011年9月に発売された「MonsterXX」(型番:SK-MVXX)の後継モデル。表示レイテンシーを短縮し、PCI Express x1インターフェース(「MonsterXX」はPCI Express x4)に対応させた。

 フルHD1920x1080/60pの映像を圧縮、劣化させることなくそのままPCに取り込むことが可能。付属ソフトでそのまま非圧縮AVI録画や、またサードパーティソフトウェアを使用して、HD動画配信もできる。

PCI Express x4→PCI Express x1インターフェースになった「MonsterXX2」

 また、UstreamProducerやNiconico Live Encoder、XSplit Broadcasterなどの主要な動画配信ソフトに対応。HDカメラから入力された映像を、Ustreamやニコニコ生放送、Twitch、YoutubeLiveなどの配信サービスでHD配信できる。

 そのほか、入力された映像をBMP形式で静止画キャプチャーして保存することも可能。映像入力解像度は1920×1080p 60/30/24fps、1920×1080i 60field、1280×720p 60fps、720×480p 60fps。

 価格はTSUKUMO eX.で2万185円(税抜)となっている。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中