このページの本文へ

AREA「UP EMPIRE2」

新エンジン採用のHDMI対応アップスキャンがエアリアから

2016年03月16日 23時33分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エアリアから、コンポジット信号をHDMI出力に変換するアップスキャンコンバーター「UP EMPIRE2」(型番:SD-UPCSHA)が発売された。新エンジンを搭載し、より高画質な映像を出力できるようになった。

DVDプレーヤやゲーム機などのコンポジット/Sビデオ信号をアップスキャンし、HDMIの液晶ディスプレーに出力する「UP EMPIRE2」

 「UP EMPIRE2」は、DVDプレーヤやゲーム機などのコンポジット/Sビデオ信号をアップスキャンし、HDMIの液晶ディスプレーに出力するコンバーター。新エンジン「MST6M182」を搭載し、映像のラインのみならず、テクスチャ、色補正、コントラストをリアルタイムで補正。より高画質な映像を出力できるようになったという。

 また、4:3比率維持機能によりHDMIにアップスキャンされても、比率を保持することが可能。さらにグラフィックカルなメニューにより、出力される画像をの色合いやコントラスト、明るさ、シャープネスなど多肢にわたって調整が可能。またHDMI側のボリュームを本体側で調整することもできる。

新エンジン「MST6M182」を搭載。より高画質な映像を出力できるようになった

 対応解像度は1080p(1920×1080)60Hz、720p(1280×720)60Hz。サイズは82(W)×130(D)×29(H)mm、重量約108g。製品にはRCAケーブル、Sビデオケーブル、ACアダプタなどが付属される。

 価格は6990円。東映ランドやパソコンハウス東映で販売中だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中