このページの本文へ

Elgato Systems「Elgato Game Capture HD60 Pro」

ハードウェアエンコで1080p/60fpsのキャプチャーカード

2016年02月03日 22時47分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Elgato Systems製のハードウェアエンコードキャプチャーカード「Elgato Game Capture HD60 Pro」の店頭販売がTSUKUMO eX.でスタートした。

ハードウェアエンコードキャプチャーカード「Elgato Game Capture HD60 Pro」。発売は昨年10月ながら、店頭販売を確認したのは今回が初めてだ

 「Elgato Game Capture HD60 Pro」は、ハードウェアH.264エンコーダーを搭載するPCI Express x1インターフェースのキャプチャーカード。1080p/60fpsでの録画や配信に対応するほか、「マスターコピー」機能により、動画のストリーミング配信をしながらキャプチャーを同時に行なうこともできる。

 また、YouTubeやTwitchなどの動画共有サイトに簡単にデータをアップロードできる「ライブストリーミング機能」、ゲーム動画に音声を追加する「内蔵ライブコメント」、時間をさかのぼって録画を開始できる「フラッシュバック録画」などの独自機能を備える。

システム要件は、第2世代 Intel Core i5 CPUや4GB以上のメモリー。OSはWindows 7 SP1以降

 対応入力ゲーム機器はPlayStation 4、Xbox One、Xbox 360、WiiU(いずれも非暗号化HDMI入力)、出力はHDMIで、対応解像度は1080p60、1080p30、1080i、720p60、720p30、576p、576i、480p。各種機能が使えるソフトウェア「Game Capture 3.0」(ダウンロード/Mac非対応)も利用できる。

 価格は2万4500円。1080p/60fpsに対応した、ソフト付きのハードウェアエンコード対応キャプチャーカードとして価格も安めで、注目の製品となりそうだ。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中