このページの本文へ

カナデジ〜吉井香奈恵とデジタルカメラ〜 第11回

9nine吉井香奈恵と歩く、小江戸・川越の街とデジタルカメラ

2016年03月18日 09時00分更新

文● 松野/ASCII.jp 写真●鎌田拳太郎

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「違った刺激がもらえる」新しい挑戦

 2015年は2度の全国ツアーで大忙しだった彼女。今年に入り、すでに9nineとしてのライブもこなしていますが、個人的にもいくつか新しい挑戦を始めているようです。ここ最近の私生活について、本人に訊いてみました。

 「バレンタインライブの少し前に、9nineのレッスンとは別のダンスレッスンに通いはじめたんです。ヒップホップとかジャズとか、普段踊っているのとは全然違うジャンルもあって、先生も一人じゃないので、また違った刺激がもらえますね。自分のライブでも気が引き締まるかなと思って続けています。

 あと、年末年始に帰省したとき、本屋さんに一日中いた日があって。そこで大人向けの塗り絵のコーナーに出会ってから、塗り絵にもチャレンジしています。そもそもなんで惹かれたのかっていうと、色彩のセンスが磨けるんじゃないかと思ったからなんです。ファッションが好きなので、そういうところにも活きてくるかなって。自分のセンスを鍛えるためにしてることって、雑誌を読むぐらいだったので。

Photo by Yoshii Kanae

 消せるペンで色を乗せていって『ここ迷うなあ』ってなると一日置くとか、色が決まっても翌日また『あれ? なんか違う』ってやり直すとか、基本的にはその繰り返しです。写真の加工もそうですけど、色のトーンとか全体のバランスはすごく悩んじゃいますよね。食べ物が写ってたら食べ物の色が濃い方がおいしそうに見えるけど、強調しすぎると全体のバランスが……みたいな。Instagramにアップロードした写真とかも、一覧表示で見て全体的に色味が偏ってると気になっちゃって、違った雰囲気の写真を上げてバランスを取ろうとしちゃうんですけど(笑)。

 そんな感じで、1つ完成させるにも時間がかかりますけど、自分のペースで少しずつ進めようと思います」

「その時にしかできないライブを」

 自分磨きに余念のない彼女ですが、4月にはワンマンライブ『9nine LIVE 2016 Sakura Cloud9』が迫っています。今年2度目のライブということで、新曲の初披露もあるとのこと。どんな準備をしているのでしょうか。

 「ちょうど、4月6日のライブに向けて動き始めているところです。前回はバレンタインがコンセプトだったんですけど、次回は春ということで、その季節ならではの演出とか、セットリストとか、どうしたら喜んでもらえるかをみんなで考えている段階ですね。毎回同じことをしても仕方ないし、新しい人にもたくさん来て欲しいんです。サプライズって言うほど大げさではないけど、その時にしかできないライブができたら、結果的にいろんな人に喜んでいただけるのかなと思っています。

 それと個人的な話になっちゃうんですけど、私、4月が誕生月だから思い入れが強くて。月のはじめから本格的なイベントやライブ、っていうのがここ何年かなくて実は寂しかったんですよ(笑)。そういう意味でも楽しみだし、みんなに会える機会があるっていうだけで嬉しいので、ぜひたくさんの人に来て欲しいです!」

Photo by Yoshii Kanae

Photo by Yoshii Kanae

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン