このページの本文へ

ズバッと解決! Windows 10探偵団第80回

ロック画面に画像を表示しないことも可能

Windows 10のロック画面にお気に入り画像を表示するテク

2016年03月06日 12時00分更新

文● 柳谷智宣 イラスト●てりィS Factory 編集●E島/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Windows 10の最新情報を常にウォッチしている探偵・ヤナギヤが、Windows 10にまつわるギモンに答える本連載。

 基本技から裏技・神技、最新ビルドのInsider Previewの情報まで、ドド~ンと紹介します。

「設定」から「パーソナル設定」→「ロック画面」を開き、「背景」のプルダウンメニューから「画像」を選択する

調査依頼
ロック画面にお気に入り画像を表示したい

 PCを利用していないときは、ロックしておくと第三者に使われずに済む。その際、画像が表示されるのだが、初期設定では「Windows スポットライト」という機能が有効になっており、ネットからダウンロードした美しい画像が表示される。設定を変更すれば、ここにお気に入りの画像を表示することが可能だ。

「参照」ボタンが現れるのでクリックする
表示したい画像を選択する
ロック画面にお気に入りの画像を表示できた

 「パーソナル設定」の「ロック画面」で「背景」に「画像」を指定すればいい。画像ファイルを選べば、すぐに反映される。スクリーンセーバーのように、お気に入り画像を楽しめるのでお勧めだ。

「HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Policies¥Microsoft¥Windows」に「Personalization」キーを作成する
「NoLockScreen」を作成し、値を「1」にすればロック画面に画像が表示されなくなる

 逆に、ロック画面に画像を表示したくない、と言う人もいるかもしれない。その場合は、レジストリーを変更する必要がある。Windows+Rキーを押して「regedit」と入力して、レジストリエディタを起動したら「HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Policies¥Microsoft¥Windows」を右クリック。新しく「Personalization」キーを作成し、その右側で新規DWORD値「NoLockScreen」を作成し、値を「1」にすれば完了。ロック画面に画像が表示されず、直接パスワードを入力できるようになる。


これでズバッと解決!

 「パーソナル設定」→「ロック画面」→「背景」→「画像」で画像を指定すればいい


 Windows 10探偵団は毎週、月・水の午前9:00、日曜日の12:00に更新します。お楽しみに!


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン