このページの本文へ

Windows/Androidデバイスを気軽にリビングのテレビで楽しめる

マイクロソフト、新Miracast対応ディスプレーアダプター、データ転送速度を改善

2016年02月26日 14時47分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Wireless Display Adapter

 日本マイクロソフトは2月26日、スマホやタブレットをテレビに簡単接続できる「Wireless Display Adapter」の新モデルを発表した。3月25日に発売する。

 2015年3月に発売した同名製品の新バージョン。従来製品よりもアダプター部が40%コンパクトになったほか、データ転送速度を改善してより早く画面表示が可能になったという。

両端の端子を接続できるようになり、持ち運びがよりコンパクトに 

 パソコンやスマホとの接続はWi-Fi、テレビとの接続はHDMI端子。ワイヤレスディスプレー規格Miracastに対応。対応するパソコンやタブレット、スマホであればとくにアプリやデバイスドライバーのインストールなしで利用できる。

利用イメージ 

 対応OSはWindows 10/8.1、Windows 10 Mobile、Android。価格は7538円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン