このページの本文へ

日本MS、Miracast対応アダプター「Microsoft Wireless Display Adapter」発表

2015年02月20日 11時00分更新

文● ハイサイ比嘉/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本マイクロソフトは、ワイヤレスディスプレイ規格「Miracast」に対応した「Microsoft Wireless Display Adapter」を発表した。参考価格は6980円(税別)。発売は3月6日予定。2月21日より、Microsoft Store(オンライン)、家電量販店にて予約を開始する。

「Microsoft Wireless Display Adapter」

 「Microsoft Wireless Display Adapter」は、HDMI入力端子を備えたテレビやディスプレイに接続するだけで、ワイヤレスディスプレイ規格「Miracast」対応のPC・タブレット・スマートフォンの画面をミラーリング表示や拡張表示できるようにするアダプター。会議室のプロジェクターなどにワイヤレスでプレゼンテーション用データを表示するといったことも可能。

 インターフェイスは、USBおよびHDMI端子。USB端子より受電するため、ACアダプターなどは不要。サイズ/重量は約幅86×奥行き20×高さ10mm/約33g。ケーブル長は約332mm。HDMI拡張ケーブル長は約180mm。対応OSは、Windows 8.1以降、Android 4.2.1以降。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン