このページの本文へ

16GBで2980円! USBメモリーのような超小型のWi-Fiストレージ

2016年02月25日 10時00分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 USBメモリーほどの大きさしかない、超コンパクトなスティック型のワイヤレストレージ「SanDisk Connect Wireless Stick」がSanDiskから発売。パソコンハウス東映にて、16GB~128GBモデルの販売がはじまっている。

見た目はUSBメモリーなこのデバイスは、スマホやタブレットからWi-Fiでアクセスできるワイヤレスストレージ。このサイズ感を待っていた人はたくさんいそう

 USBメモリーのようなデザインながら、PCやスマートフォンとワイヤレスで接続できる、れっきとしたワイヤレスストレージ。カバンに入れたままの状態でも、手軽にモバイル端末からデータにアクセスできる。

 IEEE 802.11b/g/nの無線LANに対応したデバイスで、モバイル端末から動画や音楽データを共有・ダウンロードできるほか、ストリーミングで視聴することができる。iOS/Android/Kindle Fire向けに専用アプリが用意され、モバイル端末の写真や動画を自動でアップロードすることも可能だ。

 さらにUSB 2.0対応のUSBメモリーとしても使用できるため、PCと接続して大容量データをストレージ内に素早く転送できる。

ストレージ内のデータには、専用アプリまたはブラウザー経由でアクセス。16~128GBの全4モデルが販売中だ

 内蔵バッテリーへの充電で動作し、1回の充電で最大4.5時間のストリーミングに対応するとされる。各モデルの販売価格は、16GBモデルが2980円、32GBモデルが3980円、64GBモデルが6480円、128GBモデルが9980円だ。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン