このページの本文へ

気分によって絵柄を切り替える新しいアクセサリーの形

凸版印刷、電子ペーパーを使ったイヤリングを開発

2016年02月05日 17時20分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

カラー電子ペーパーのイヤーアクセサリー「VIEW」

 凸版印刷は2月1日、電子ペーパー技術を活用したイヤリング「VIEW」を開発したと発表した。

 白球、昭和機電との共同開発で、凸版印刷の開発したセグメント型カラー電子ペーパーを正四面体側面に配置。用意された50種類のパターンから切り替えて表示できる。

セグメント型電子ペーパーなので自由な絵柄を表示できるわけではないが、模様とカラー表示を組み合わせた50種類のパターンが表示可能 

 本体にはバッテリーや通信機能を搭載しておらず、切り替えには専用機器を用いるが、イヤリングとして利用するのに違和感のない軽量に仕上がっているという。

専用機器の上に置いてボタンで表示パターンを切り替える

 サイズは1辺3cmの正四面体、重量は約3g(外装素材にチタンを使用した場合)。2月上旬よりサンプル出荷を開始してアパレルメーカーなどへ提案、年内の製品化を目指すという。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン