このページの本文へ

部品が市販されたらツィッタータイムラインや各種情報が流れる情報バーを作れそう

凸版印刷、電子棚札用の電子ペーパーディスプレーを開発

2015年03月04日 15時02分更新

文● 行正和義/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
レール型電子棚札

 凸版印刷は3月3日、同社の電子配線印刷技術を用いたフレキシブル電子ペーパー商品として「レール型電子棚札(ESL:Electronic Shelf Label)」を試作したと発表した。

 同社のプリンテッドエレクトロニクス(電子配線などを印刷で作る技術)を用い、プラスチック基板上の薄膜トランジスタアレイを形成したもの。サイズは約横幅900×高さ30mmで、部分的ながらカラー化されており、上端と下端にある緑と赤でエリアカラーを表示する。

 スーパーマーケットやコンビニエンスストアの商品棚の品名/価格表示向けで、商品棚の前面にレイアウトできるため余分なスペースを取らず、かつ曲げることもできる。2017年度の実用化を目指して開発を進めるという。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン