このページの本文へ

防災/減災に役立つ従来比2倍の残光時間

凸版印刷、12時間光る蓄光フィルムを開発

2016年04月06日 17時31分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
蓄光フィルムのサンプル(上)とその展開例(下)

 凸版印刷は4月5日、電源不要で12時間発光する蓄光フィルムを開発したと発表した。

 太陽光や屋内光のエネルギーを蓄えて約12時間発光する。基材となる耐候性フィルムを高輝度な蓄光顔料を積層することで、従来の屋外向け蓄光フィルムの約2倍の発光時間を実現。12時間後にも文字の確認が可能な明るさを維持する。

 フィルム形状であるためロール原反での提供も可能で、幅広い用途で活用しやすいのが特長。避難誘導や防災グッズの包装材としての用途を想定しており、6月中旬よりサンプル出荷を開始する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン