このページの本文へ

富士通の「K5」IaaS+導入運用支援サービス=「AZCloud IaaS Type-K」

富士通マーケが中小企業向けサポート付きIaaS、本格提供開始

2016年02月04日 06時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 富士通マーケティング(FJM)は2月1日、カスタマイズ型クラウドマネージサービス「AZCLOUD IaaS Type-K」の本格提供を開始した。富士通が基盤運用するIaaSに加えて、導入前サポートや設定/構築/運用などの支援サービスもパッケージ化された中堅中小企業向けのマネージドサービス。

「AZCLOUD IaaS Type-K」のサービス概要。IaaSに加えて初期導入や運用のサポート付きで提供

 AZCLOUD IaaS Type-Kは、富士通が提供するIaaS「FUJITSU Cloud Service K5」と合わせ、導入支援、ネットワーク回線、運用支援、Q&A対応、運用監視といったサービスをセット化して提供するマネージドサービス。専任IT要員の少ない中堅中小企業層をターゲットとしている。昨年10月からトライアル提供を開始しており(関連記事)、今回から本格提供を開始する。

 導入前のヒアリングによる要件確認に基づいて導入支援や設定が行われ、初期導入/構築費なし、月額費用のみでクラウドサービスが利用できる。また顧客システム環境の統合運用監視サービスも標準提供されており、障害発生時のメール通知や、スマートデバイス対応の統合監視ポータルを通じてリアルタイムにサーバー状況の把握ができる。

 AZCLOUD IaaS Type-K(標準提供メニュー)の利用料金は、初期導入費用なし、月額5万8000円から(税別、仮想サーバーのリソース利用料金は別途)。富士通マーケティングでは、今後3年間で1,000社への販売を目指すとしている。

AZCLOUD IaaS Type-K(標準提供メニュー)に含まれるサービス。顧客の要望に応じてカスタマイズ可能

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ