このページの本文へ

ZOTAC「ZBOX MI525」

Skylake採用で薄型のコンパクトベアがZOTACから発売

2016年01月27日 23時24分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ZOTACのコンパクトベアボーン「ZBOX」シリーズに、Skylakeこと第6世代のCore iプロセッサーを採用した新モデル「ZBOX MI525」(型番:ZBOX-MI525-J)が登場した。

CPUに「Core i3-6100U」を採用したZOTACのコンパクトベアボーン「ZBOX MI525」。動作には、別途メモリーとストレージ、OSが必要

 「ZBOX MI525」は、CPUに「Core i3-6100U」(2コア/4スレッド/2.30GHz/TDP15W)を搭載するコンパクトベアボーン。正方形の本体サイズは188(W)×188(W)×44(W)mmで、Serial ATA対応の2.5インチベイを1基備えている。

 そのほか、主なスペックはメモリースロットがDDR3L-SODIMM×2(DDR3L-1600/最大16GB)、USB 3.1(Type-C)×2、USB 3.0×3、USB 2.0×1、3-in-1/USB 3.0コンボ×1。

 ネットワークはギガビットLAN×2 (Realtek)、IEEE 802.11ac/b/g/n+Bluetooth4.0。グラフィックス機能はIntel HD Graphics 520。ディスプレイ出力はDisplayPortとHDMIを備えている。

フロントに備える2つのUSB3.1ポートはType-C。2画面表示をサポートするDisplayPortとHDMIを備えている

 また付属品として、19V/65W ACアダプター、縦置きスタンド、Wi-Fiアンテナ、VESAマウント、ユーザーマニュアル&クイックスタートガイド、サポートDVD、 USB flash drive with OS driversが同梱されている。

 価格はパソコンショップアークで5万1480円だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中