このページの本文へ

申請から会計ソフトへの入力までをサポート

承認済みの経費精算データを弥生会計に取り込み対応

2016年01月14日 17時43分更新

文● 佐藤 正人(Masato Sato)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 パナソニック ネットソリューションズは1月13日、経費精算のクラウドサービス「MajorFlow(メジャーフロー)クラウド」を会計ソフト「弥生会計シリーズ」の最新バージョンである「弥生会計16」に連携対応したと発表した。

経費精算と出退勤打刻の2つの機能を搭載

 MajorFlowクラウドは経費精算サービスと出退勤打刻サービスの2つの機能を搭載しており、PC、スマートフォン、タブレットでも使えるクラウドサービス。今回の連携対応により、MajorFlowクラウドのワークフローで申請~承認された経費精算データを弥生会計16に取り込むことが可能になった。MajorFlowクラウドから弥生会計16用の仕訳データを自動生成できるため、必要項目をチェックするだけで簡単に仕訳データを弥生会計16に取り込むことができるという。

■関連サイト

カテゴリートップへ

お金の疑問をズバッと解決!
  • 魁!! アスキービジトク調査班R

    ビジトク調査班Rとは……世のフリーランス、個人事業主に関係するお金の情報を片っ端から調査する非公式組織である! 「いくちょん」と一緒に役立つ情報やTIPSをお伝えしていくぞ!

    2015年11月10日 11時00分更新

  • マンガでわかる! 必ず得する「確定申告」

    「確定申告」万年初心者のマンガ家・あべかよこが常々疑問に持っていたど素人な質問に、宮原税理士がやさしくわかりやす

    2014年12月24日 11時05分更新

  • 特命!! アスキービジトク調査班

    個人事業主がビジネスでトクする情報を、ASCII.jp編集部内に結成された調査班・特命記者のカリーさんといくちょんが日夜大奮闘してレポート!

    2014年12月22日 19時00分更新