このページの本文へ

スター・ウォーズ デジタル情報局第9回

よくできたミニチュア模型かと思ったら実はICカードケース、ファルコン号で改札を通り抜けろ!

2015年12月15日 13時00分更新

文● にゃかむら

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 いつでも買えると思ってたのに気付いたら完売していて、うわぁぁぁ買っておけばよかったあぁぁぁ! となったことってありませんか? ワタシはよくあります。『スター・ウォーズ』関連グッズでも、コラボTシャツをはじめアレコレ買いそびれたりとか(´Д`)

 この『スター・ウォーズ クレイジーケースタッチ ミレニアムファルコン』も気付いたら受注終了となっていたアイテムのひとつです。しかも再販されたのも見逃していてダブルショック! 最初に買っておけばよかったなぁ。バンダイさん、ぜひ再々販をお願いします!

  『クレイジーケース』は「遊び心を持ち歩く」をコンセプトにしたケースシリーズです。iPhoneケースの『クレイジーケース』のほか、ICカードケースの『クレイジーケースタッチ』とタブレットケースの『クレイジーケースタブ』の3シリーズを展開。『スター・ウォーズ クレイジーケースタッチ ミレニアムファルコン』は『クレイジーケースタッチ』の第一弾です。

 外観はオフィシャルの設定資料を元にこだわりの造型。アンテナやコックピット、エンジン周り、サイド部分など、細部までバッチリ! ケースということで耐久性も重視されていて、約80センチの高さから落としてもアンテナが取れたりもしません。

 手に持っている所を見ると、どう見てもミレニアム・ファルコンの手のひらサイズ模型に見えるのですが、ひっくり返すとSuicaなどのICカードを差し込む部分があります。大きさは全長約125ミリ、全幅約95ミリ、厚さ約28ミリで、手で持つのにちょうどいいサイズ。片手で普通に操作ができます。

 遊び心は見た目だけではありません。駅の改札や買物での支払いの際、IC端末にタッチするとエンジン部が発光! 銀河系最速のスピードを出せる"ハイパードライブ"を彷彿させるギミックを搭載しています。光速で飛んで行くのはファルコン号ではなくお金ですけども。

 発光は点灯・点滅・流れる光の全3パターンあり、タッチするたびに変わります。

 遊び心が詰まったこのケース。こんなのを持っていたら、ついつい無駄にピッとやりたくなってしまいますよね(´ー`)

※画像はすべてバンダイ公式サイトより

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ