このページの本文へ

いま、私のほしいもの~『週刊アスキー 特別編集 冬の超お買物特大号』発売記念~ ― 第26回

BABYMETALのライブのチケットがほしすぎて歯茎から血が出る!

2015年12月24日 17時00分更新

文● スピーディー末岡

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 クリスマスですね。みなさんのもとにはサンタさんはきますか? もしくは自分へのご褒美は買いましたか? 買ったという人もこれから、という人も「週刊アスキー 特別編集 冬の超お買物特大号」を持っておくといいことありますよ、多分。

 さて、週アス発売記念の本企画で、今回「いま、ほしいもの」を教えてくれるのは スピーディー末岡。なにかスピードが出そうなものだろうな~と思っていたら、これがほしいそうです。

「BABYMETAL」SU-METAL(中)、YUIMETAL(左)、MOAMETAL(右)photo:Taku Fujii

 さて、ここでスピーディー末岡の心の叫びをご覧ください。

アイドル? いやメタルだよ!
ベビメタのチケットが喉から手が出るほどほしい!

 今年で40歳になったスピーディー末岡です。40歳って初老なんですって(Wikipediaより)。人生も折り返し地点に来まして、なんかこう人間的に成長するのかと思ったら、生まれて初めてアイドルにハマってしまいましてね。私が小学生の頃、おニャン子クラブがデビューして、まさにアイドル直撃世代だったんです。その後モーニング娘。だAKB48だとずっと見ては来ましたが、いずれもハマりはしませんでした。なのに、スコーンとハマってしまったのが「BABYMETAL」。正確にはメタルダンスユニットなので、アイドルにハマった……とはちょっと違いますね。

 BABYMETALをカンタンに説明すると、SU-METAL、YUIMETAL、MOAMETALからなるメタルダンスユニットで、ボーカルをSU-METALが担当し、MOAMETAL、YUIMETALのふたりはダンスとスクリーム(盛り上げ)を担当しています。そして神バンドと言われるバックバンドがハードなメタルサウンドを支えているのです。

 私は結構音楽好きで、そのことを人に言うと「アニメの曲ばっか聴いてそう」とか言われるんですが、中高生時代はハードロックやメタルばっか聴いてたんです。邦楽だとBOOWYやX JAPAN(当時はX)とか、洋楽だとメタリカとかモトリークルーとか。速弾きするギターヒーローにも憧れたもんです(イングヴェイとか)。しかし、年を取るにつれて、だんだんそういう激しい曲は聴かなくなってしまいました。まあ、テクノ方面にシフトしただけですが。

 あるとき、海外のサイトを眺めていたときに目にした「BABYMETAL」の名前。日本でもいろんなフェスで名前を見ましたし、あのレディー・ガガのオープニングアクトを務めたくらいなので、当然存在は知ってました。それまでは「子供のアイドルでしょ?」くらいの認識しかなかったのですが、その海外サイトで見かけたときに、なんとなく映像をポチっとしたんです。ライブ映像を見たら衝撃を受け、それと同時に昔のバンドキッズだった青春時代(楽器弾けないけど)が蘇ってきて、一気にハマってしまいました。

こんなキツネ面まで買ってしまったり……
京都旅行に行った際、「パワースポットなんだって~」と嫁をだまくらかして、PVのロケ地に行ったり……(ウソではないけど)

 ちょっと小銭を持った大人がハマるとひどいもんで、次の日にAmazonでCDからBDからすべてポチるという始末。最近買ったばかりのウォークマン(A20)にはBABYMETALしか入ってないし、クルマに積んであるiPodもBABYMETALのプレイリストがリピートだし、さらに勢いでTHE ONE(特定のグッズを購入すると入会できる年会費無料のファンクラブみたいなもの)まで入ってしまいました。今はほかの部署で働いている、元iPhone倶楽部のニッシーさんとは前からメタル仲間でしたが、彼もBABYMETALにハマっているらしく、仲良くベビメタ仲間になりました。

メタルの祭典「オズフェス」でニッシーさん(左)と。お互い嫁には白い目で見られているが「いやメタルだから!」を合い言葉に乗り越えている。このとき彼は果敢にモッシュに挑戦したが、クツを片方なくして帰ってきた。なお、ニッシーさんのプライバシーに配慮して雑コラで対処した

 で、ここからが本題です。現在、BABYMETALのライブチケットは非常に入手困難なんです。12月12~13日に横浜アリーナで開催されたワンマンライブのチケットも、ファンクラブ先行とかコンビニ先行があるたびに申し込んだのですが、軒並み外れ。来年、東京ドームライブもあるそうですが、取れる気がしません。もう絶望にうちひしがれています。ニッシーさんは今年2回もワンマンに行ってるらしく、いきなり友情にヒビが入りました。

購入できる映像はすべてゲット! 昔、会員限定で発売されたものは悔しいけど手に入らず

 なぜそんなにワンマンライブのチケットがほしいのか。BDやテレビじゃダメなのか。ええ、ダメなんです。やっぱりバンドは生演奏でその空間で見ないと。BABYMETALはメタルバンドなんです(キリッ 足繁くライブハウスに通っていた高校時代でしたが、バンドの熱気や空気感がダイレクトに伝わるからライブが好きだったんだと思います。そんな思いが再び私を突き動かしています。

先日の横浜アリーナライブの様子。いつ、この中に入れるのだろうか? photo:Taku Fujii

 また、BABYMETALはいわゆる握手会やトークショーといったイベントがないため、彼女たちの活躍を見るにはライブに行かないといけません。な・の・で! ライブチケットがほしいんです~! CDやBDなど、お金で解決できることはお金で解決してきましたが、ライブのチケットばっかりはたとえファンクラブに入っていようと抽選なのでどうにもできません(フェス系は手に入りやすいんですけどね)。

 手に入らないと俄然燃えてきてしまうタイプの私ですので、今後もしつこく抽選に申し込み続けます! あ~、チケットほしいな~(渋谷方面をチラチラ見ながら)

デジタルガジェット系は借金しててでも買ってきたが、この子たちのライブは借金しても行けない!  photo:Taku Fujii

スピーディー末岡

 ASCII.jp編集部所属。Androidユーザーのスピード狂。その名に恥じず速いものが大好きで、スマホはスペックからチェックするタイプ。ヘルメットを被っているのは、「俺はいつでも高速だから……」というよくわからない理由。音楽でもテンポの速い曲が大好き(メロスピとか)。速さを求めるあまり、レースチーム「グッドスマイルレーシング」にも所属している。

 久しぶりに変化球なほしいものでしたね。たしかにお金だけじゃ買えないものでしょう。そう思うとお金を出せば買えるものが身近に感じられます。「週刊アスキー 特別編集 冬の超お買物特大号」に載っているモノはほとんどお金を出せば買えます。ちょっとなにかほしい、と思ったら手に取ってみてはいかがでしょうか~。

スマホも家電もPCもこの1冊で決まり
『週刊アスキー 特別編集 冬の超お買物特大号』


■収録特集例
「2016年今買うデジギア84」
「格安SIM&スマホ購入活用術」
「Windows10最強TIPS特選集」
「iPhone 6s&iOS 9徹底解説」など

■特別付録
「僕たちの大好きなLINEを256倍楽しくする本」

■判型:A4変
■ISBN:978-4-04-865631-3
■発売:2015年11月30日(月)
■定価:本体639円+税
■販売店:全国の書店、コンビニ、ネット書店など

■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ