このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

年末年始にお買い得なデジタル製品はこれだ!第2回

光学50倍超が2~3万円台で! 今冬のデジカメ購入は超望遠機が狙い目!!

2015年12月15日 11時00分更新

文● 周防克弥

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 スマートフォンの普及でコンデジのシェアが低下しつつある中、スマホでは実現が難しいのが望遠撮影だ。そのせいもあってか、最近はコンパクト機でもズーム倍率が高い機種が増えている。

 本命は50倍以上、焦点距離にして1000mmクラスの肉眼を超える画角がコンデジで撮影可能なのは魅力だろう。

 一眼レフなら数十万単位の価格だったり、持ち運びや手持ち撮影が困難だが、コンデジなら手軽に持ち運べて数万程度で購入できてしまう。

 月や鳥など被写体が遠く小さい場合、今までは専用の機材が必要だった。このため敷居が高かったが、高倍率コンデジなら気軽に撮影ができるようになる。

今回はそんな魅力的な低価格な高倍率ズーム機を選んでみた。

EVFを搭載する本格望遠コンデジ
富士フィルム「FinePix S9900W」

本体サイズは幅122.6×奥行き116.2×高さ86.9mm、バッテリーとメディア込みの重量は約670g 本体サイズは幅122.6×奥行き116.2×高さ86.9mm、バッテリーとメディア込みの重量は約670g

 発売時(2015年2月)から比較的安価に購入でき人気のあった機種だ。現在は量販店で2万円台前半で購入することができる。

 35mm判換算で約24mmから1200mmまでカバーする光学50倍ズームを採用。撮像素子は1/2.3型で有効画素数約1620万画素の裏面照射型CMOSセンサーを採用している。

 92万画素のEVFを備え、フルHDでの動画撮影やWi-Fiでのスマホコントロール、インターバルタイマーなど機能は豊富だ。広角側ではレンズ前1cmまで近寄ってマクロ撮影できるのも便利。

横にはズームボタンも備わっている。グリップの奥行きも十分でがっちりとホールディングできる
左から、電源オフ、電源オン(広角)、電源オン(望遠)の状態。ズームした時に焦点距離とだいたいの最短撮影距離が表記されているのはうれしい仕様だ
背面モニターは3型(約46万画素)。EVFは0.2型で約92万画素。モニターとEVFは、EVFの横にあるボタンで手動で切り替える バッテリーには単3形電池を4本使用する
背面モニターは3型(約46万画素)。EVFは0.2型で約92万画素。モニターとEVFは、EVFの横にあるボタンで手動で切り替えるバッテリーには単3形電池を4本使用する
内蔵ストロボは横のボタンでポップアップする

 手ブレ補正機能は5軸。静止画だけでなく、動画撮影時でも望遠時の手ブレを軽減できる。また望遠撮影時にアップになりすぎて周りが見えず、フレーミングがしにくくなる場合にワンボタンでレンズが広角側に移動し、被写体と周りの確認ができる「オートバックズーム」も搭載する。

 撮影機能はカメラ任せのシーン認識オートをはじめ、絞り/シャッタースピード優先オート、マニュアルを備える。

 エフェクト機能やパノラマ機能、秒間10コマの連写も備えていて、日常的な撮影からちょっとしたスポーツまでこなせる仕様だ。

(次ページに続く、「ISO 12800まで設定可能! FinePix S9900Wの画質をチェック!

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン