このページの本文へ

ズバッと解決! Windows 10探偵団第37回

表示エリアを広くして快適操作

Windows 10でスタートメニューを全画面表示にできる?

2015年11月25日 09時00分更新

文● 柳谷智宣 イラスト●てりィ’S Factory 編集●E島/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Windows 10の最新情報を常にウォッチしている探偵・ヤナギヤが、Windows 10にまつわるギモンに答える本連載。

 基本技から裏技・神技、最新ビルドのInsider Previewの情報まで、ドド~ンと紹介します。

Windows 10のスタートメニュー。どうせスタートメニューを開いている時は他のウィンドウを操作できないのだから、いっそのこと全画面表示にしてもいい

調査依頼
スタートメニューを全画面表示にできる?

 Windows 10のスタートメニューは、Windows 8のスタート画面とWindows 7以前のスタートメニューが融合したスタイルになった。使いやすくて好評ではあるのだが、アプリタイルをランチャーのようにして使うなら、表示エリアの小さいスタートメニューだと操作が面倒。スタートメニューの端をドラッグすることでサイズを変更することはできるが、全画面表示にしたいユーザーもいるだろう。

「タブレットモード」をオンにすると、自動的にスタートメニューが全画面表示になる。その代わり、アイコンが大きくなるなど、UIが変わる

 Windows 10には「タブレットモード」が用意されており、オンにするとタッチ操作に適したUIに変わる。スタートメニューも全画面表示になるのだ。とはいえ、通常のPCで使うならUIが変わってしまうのも困りもの。

「設定」の「パーソナル設定」→「スタート」の「全画面表示のスタート画面を使う」をオンにする
スタートメニューを開くと、全画面表示になる

 そんな時は「パーソナル設定」から表示方法をカスタマイズできる。「スタート」の設定画面で「全画面表示のスタート画面を使う」をオンにしよう。次にスタートメニューを開くと、全画面表示になる。また、アプリタイルの表示数を増やすなら、「タイル数を増やす」をオンにするといい。

「タイル数を増やす」をオンにすると、アプリタイルの表示数が増える

これでズバッと解決!

 「スタート」の設定画面で「全画面表示のスタート画面を使う」をオンにする


 Windows 10にまつわる疑問、解決したい問題などを「Windows 10探偵団」では絶賛募集中です。下記の入力フォームからお送りください。




 Windows 10探偵団は毎週、月・水の午前9:00、日曜日の12:00に更新します。お楽しみに!


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン