このページの本文へ

コンセントに繋いで充電しながら、本体も充電してしまうのだ

AC充電器として利用中に本体充電もできる、二刀流モバイルバッテリー見参

2015年11月17日 14時59分更新

文● コジマ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「DE-MB1L-3220」。写真はブラック

 エレコムは11月17日、モバイルバッテリー「DE-MB1L-3220」シリーズを発表した。11月下旬より発売予定。

 外出先などでスマートフォンやタブレットに給電できるモバイルバッテリー機能に加え、スマホやタブレットのAC充電器としても使える、2 in 1のモバイルバッテリー。

 モバイルバッテリー機能としては、容量3200mAh、出力1.5Aのモバイルバッテリーとして利用可能。家庭用コンセントに接続すると約2.5時間で本製品の内蔵バッテリーをフル充電できるとしている。

 AC充電器の機能としては、家庭用コンセントに接続し、さらにスマホやタブレットを接続することで使える。この場合、出力2.0AのAC充電器として機能する。

 また、本製品をAC充電器として使用した場合、スマホやタブレットをフル充電したあとに、引き続き本製品の内蔵バッテリーを充電するという「まとめてチャージ!」機能を搭載している。

本製品をコンセントに接続したままで、スマートフォンを充電できる「まとめてチャージ!」機能に対応コンセントプラグは折りたたんで本体に収納可能

 コンセントプラグは折りたたんで本体に収納可能。充電や給電の状態は、4段階のLED表示で確認できる。バッテリーの寿命が過ぎると自動的に本製品への充電を停止する過充電防止カウント機能を搭載するほか、さらに過充電・過放電・過電圧・過電流防止機能および短絡保護機能をそなえた回路設計を採用している。

 カラバリはブラック、グリーン、ホワイトの3色。本体サイズはおよそ幅69×奥行き74×高さ25mm、重量はおよそ130g。

ブラックのほか、グリーン、ホワイトも展開

カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース