このページの本文へ

「LUV MACHINES」シリーズ

4~22万円まで選べる39モデル! マウス定番PCのオススメを厳選した

2015年11月18日 11時00分更新

文● 鈴木誠史/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「LUV MACHINES」

 マウスコンピューターの“ド定番”デスクトップPCの「LUV MACHINES」。幅広いラインアップから、ユーザーごとに合った構成が選べることで人気の製品だ。10月にはデザインを大幅リニューアルし、本体サイズを小型化。より扱いやすいデスクトップPCとなった。(関連記事

従来モデルから幅は10mm、高さは13mm減少した

 さて、好みの構成を選べるとはいえ、マウスコンピューター直販サイトから購入できるLUV MACHINESのモデル数は「39」(11月16日時点。一時販売停止中の3モデルも含む)とさすがに多い。中にはお得に買えるキャンペーン限定のモデルもある。そこで本記事では、要望別におすすめモデルをいくつか紹介する。

一番人気はバランスよく高性能な「限定モデル」

 マウスコンピューターが公開している「デスクトップパソコン 売れ筋ランキング」のミニタワー型部門(つまりLUV MACHINESシリーズ)でトップに君臨するモデルが「LM-iH410B-SH2」だ。

 処理性能と省電力性に優れたインテル第6世代CPU(Skylake)の「Core i5-6500(3.2GHz)」を搭載。メモリーは8GBで、ストレージは240GB SSDと1TB HDDを併載。バランスよく性能を高めにした構成で、「処理性能は高いがストレージの読み込みが遅い/ストレージ容量が少ない」といったこともなさそうだ。PCを購入する理由は人それぞれだが、多くの人にとって快適に使用できるスペックを持ったモデルだと思う。

 実はこのLM-iH410B-SH2は、「冬のボーナスセール」限定のモデル。8万6184円というお買い得さも人気の要因だろう。

マウスコンピューター公式サイトの「デスクトップパソコン 売れ筋ランキング」

「LM-iH410B-SH2」の主なスペック
CPUCore i5-6500(3.2GHz)
グラフィックスインテル HD グラフィックス 530
メモリー8GB
ストレージ240GB SSD+1TB HDD
チップセットインテル H110 Express
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ
電源350W(80PLUS BRONZE認定取得)
カードリーダー
付属品USB 光学式スクロールマウス、USB 日本語キーボード(102キー)
OSWindows 10 Home(64bit)
価格8万6184円

最上位モデルはどんなスペック? いくらで買える?

 LUV MACHINESの最上位モデルは、14万184円の「LM-iG460X2-SH2」。しかしこちらは冬のボーナスセール限定のもので、そのためかカスタマイズの選択肢が狭められている(メモリーが16GBで固定されているなど)。そこで、12万9384円の「LM-iG610X2」。これなら構成をカスタマイズして超ハイスペック機に組み上げることができる。元々の構成はCore i7-6700(3.4GHz)、8GBメモリー、GeForce GTX 960、120GB SSD(期間限定プレゼント)、1TB HDD、DVDスーパーマルチドライブ、500W電源というもの。

 これをCore i7-6700K(4.0GHz)、32GBメモリー、256GB M.2 SSD(PCIe x4接続)、2TB HDD、GeForce GTX 970、Blu-ray Discドライブ、700W電源に変更すると、LUV MACHINESシリーズ最強のモデルができあがる。この構成なら、大作3Dゲームも快適に遊べるはずだ(関連記事)。

 ハイエンド機となれば、タワー型デスクトップ「MDV ADVANCE」を選ぶ人も多いだろう。MDV ADVANCEの場合、上記構成で価格は23万9004円。LM-iG610X2なら22万2588円だ。またLUV MACHINESのサイズは、MDV ADVANCEと比べて幅は20mm、奥行87mm、高さ50mm小さい。ハイスペックPCをミニタワー型のコンパクトな筐体で構築できるというメリットもある。

MDV ADVANCEシリーズ

カスタマイズした「LM-iG610X2」の主なスペック
CPUCore i7-6700K(4.0GHz)
グラフィックスGeForce GTX 970
メモリー32GB
ストレージ256GB M.2 SSD(PCIe x4接続)+2TB HDD
チップセットインテル H170 Express
光学式ドライブBlu-ray Discドライブ
電源700W(80PLUS GOLD認定取得)
カードリーダー
付属品USB 光学式スクロールマウス、USB 日本語キーボード(102キー)
OSWindows 10 Home(64bit)
価格22万2588円

とにかくお得に手に入れたい!

 LUV MACHINESの選択肢はインテルCPU搭載モデルだけではない。AMD APU搭載の「LM-AR350E」はA4-7300 APU(2コア、3.8GHz)、4GBメモリー、500GB HDD、DVDスーパーマルチドライブという構成で、価格は4万8384円。さらに11月16日現在は2000円オフ、4万6224円となっている。

 同じくAMD APU搭載の「LM-AR350S」は、A10-7700K APU(4コア、3.4GHz)、4GBメモリー、500GB HDD、DVDスーパーマルチドライブを搭載するモデル。価格は6万9984円のところ、キャンペーン中に限り1万1000円オフの5万8104円。さらに8GBメモリーへの無償アップグレードも可能だ。

 最新のスペックよりお得さを重視するなら、AMD APU搭載シリーズもぜひチェックしてもらいたい。紹介したA4-7300やA10-7700KなどのAPUがどの程度の性能であるかは、マウスコンピューター公式サイトの「ベンチマークスコア性能比較一覧」が参考になる。

「LM-AR350E」LM-AR350S
CPUA4-7300 APU(3.8GHz)A10-7700K(3.4GHz)
グラフィックスRadeon HD 8470DRadeon R7
メモリー4GB8GB
ストレージ500GB HDD
チップセットAMD A78 FCH
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ
電源350W(80PLUS BRONZE認定取得)
カードリーダー
付属品USB 光学式スクロールマウス、USB 日本語キーボード(102キー)
OSWindows 10 Home(64bit)
価格4万6224円5万8104円

筆者オススメはこのモデル! Core i5にGTX 960、SSD搭載で10万円台

 最後は「LM-iG460S」だ。一番はじめに紹介したLM-iH410B-SH2とやや似たスペックのモデルだが、こちらはCore i5-6400(2.7GHz)、8GBメモリー、GeForce GTX 960、1TB HDDを搭載。現在は120GB SSDのプレゼントキャンペーンも行なっている。価格は10万7784円だ。

 GTX 960搭載で描画性能を高めたLM-iG460Sは「3台のディスプレーを同時接続して写真と動画の編集」といったデスクトップならではの作業に向いている。新しくなったLUV MACHINESでは、ビデオカード周りの空間を大きく保てるデザインに変わったことも知っておきたい。

「LM-iG460S」の主なスペック
CPUCore i5-6400(2.7GHz)
グラフィックスGeForce GTX 960
メモリー8GB
ストレージ1TB HDD+120GB SSD(期間限定プレゼント)
チップセットインテル H110 Express
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ
電源500W(80PLUS SILVER認定取得)
カードリーダー
付属品USB 光学式スクロールマウス、USB 日本語キーボード(102キー)
OSWindows 10 Home(64bit)
価格10万7784円

カテゴリートップへ

マウスコンピューター