このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

マウスコンピューターのミニタワー型「LUV MICHINES」

デザイン一新! 4万円台~で人気の定番デスクトップを詳しく見る

2015年11月11日 11時00分更新

文● 鈴木誠史/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「LUV MACHINES」シリーズが新しくなった!

 「LUV MACHINES」シリーズといえば、マウスコンピューターの“ド定番”とも言うべきミニタワー型デスクトップPCだ。デザインに目立った特徴のないスタンダードなPCだが、4万円台から14万円台まで幅広くラインアップを用意しており、ユーザーの要望ごとに合った構成が選べる。マウスコンピューター公式サイトにある売れ筋ランキングでもトップ3に入ることが多い人気のシリーズだ。筆者が初めて触れたマウスコンピューター製品もLUV MACHINESだった。

 そんなLUV MACHINESシリーズのデザインが、この10月に大幅リニューアルしたのをご存知だろうか? 実機を試す機会に恵まれたので、本記事では具体的にどの部分が新しくなったのか、写真とともに紹介しよう。

ケースは小型化! フロントパネルはデザイン一新

 新しいLUV MACHINESは従来機よりも幅・高さともに10mmほど小型化し、本体サイズは幅170×奥行403×高さ360mmとなった(従来機は幅180×奥行382×高さ373mm)。奥行は長くなったが、これにより特徴である構成の幅広さを失わずに小型化できている。

 フロントパネルのデザインもガラリと変わった。従来機のパネルは光沢ある「ピアノブラック」だったが、これを非光沢のマットブラックに変更。パネル下部のスリットや、側面部分のヘアライン加工も新しく加えた要素のひとつだ。

左が新モデル。光沢をなくしたことで雰囲気が変わったほか、本体サイズは幅が10mm、高さが13mm小型化した
今までケース最下部にあったUSB端子の位置を変更。床に置いて使う際に、より扱いやすくなったように感じる。緑とピンク色で縁取られていたヘッドフォン/マイク端子は、銀色に統一した
正面のスリットと側面部分のヘアライン加工は新しいLUV MACHINESの大きな特徴。電源を入れると光るLEDランプも大きくなった
マウスコンピューター/G-Tune

(次ページ、「変化はケースの外見だけじゃない!」)

前へ 1 2 次へ

マウスコンピューター
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune

 

マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune