このページの本文へ

「MDR-NC750」をXperia Z2、Z3、Z4で使うと……?

夢のノイキャン&ハイレゾ対応ヘッドセットはXperia Z5以外でも使えるの?

2015年09月30日 17時44分更新

文● ゆうこば

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ついに au docomoの2社から発表されたソニーモバイルの新フラグシップ「Xperia Z5」シリーズ。全モデルの共通の世界最速約0.03秒のAFに対応したカメラや、4Kディスプレー搭載(Premiumのみ)など、いつもながらハイレベルな機能を搭載していますが、個人的に気になっている物がひとつ。それがハイレゾ音源&デジタルノイズキャンセリング対応ヘッドセット「MDR-NC750」です。

MDR-NC750はついにデジタルノイズキャンセリング機能とハイレゾ音源再生機能を両立!

 Xperia Zシリーズの歴史をざっくり紐解くと、Z2から外付けDAC経由でのハイレゾ再生機能とデジタルノイズキャンセリング機能が追加、Z3から外付けDACは不要になり、Z4からはDACなしハイレゾ音源再生がさらに高音質(最大192kHz/24bit)になりました。

 と、いうような進化してはいますが、これらのハイレゾ音源再生はデジタルノイズキャンセリング機能とは排他、というより両方に対応しているヘッドホンが無い状態でした。そこで今回の「MDR-NC750」はXperiaでハイレゾ音源を楽しむユーザーにとっても、デジタルノイズキャンセリングを活用しているユーザーにとっても待望の新製品というわけです。

MDR-NC750Nは実質Xperia Z5シリーズ専用

ホワイト版の「MDR-NC750N」もあります。

 さて、そこで当然の疑問ですがこの新型ヘッドセットは旧端末のユーザーでも使えるのか、ということです。

 結論から言ってしまうと「Xperia Z5シリーズでのみデジタルノイズキャンセリング機能とハイレゾ音源再生は同時に利用できる」です。それではZ2〜Z5にこのヘッドセットを挿し込むとどうなるのでしょうか?

Xperia Z2に挿したところ。ノイズキャンセリング機能はオンになりますが……

 試しに自前の「Xperia Z2 SO-05F」に挿してみたところ、ノイズキャンセリング機能はオンになりました。これだけみるとぜんぜんそのまま使えそうですが、ドコモ発表会の担当の方によると「Z5シリーズ以外の端末ではデジタルノイズキャンセルの効果は薄くなる」とのこと。実際に聞いてみたところ、確かに体感ではありますが、ふだん自分の使っているZ2対応ヘッドセットと比べると回りの雑音が聞こえるような気がしました。

 これはZ5からふたつの機能の両立をするため、デジタルノイズキャンセルのアルゴリズムを若干変えているからだそうです。ちなみに、Z3やZ4に挿した場合は「通常のハイレゾ音源再生&効果の弱いデジタルノイズキャンセリング機能」のヘッドホンとして動作するようです。

「Xperia Z5 Compact」で使えるデジタルノイズキャンセリング対応ヘッドセットの一覧
「DSEE HX」とも組み合わせたい!

 なお、ハイレゾ音源を持っていなくても、Xperiaには「DSEE HX」という既存音源のアップコンバート機能(96kHz/24bitまで拡張)もあるため、試してみる価値はアリ。既存端末のユーザーが使うには少し厳しいですが、Xperia Z5に買い替えを検討していて、音楽機能をよく使う方は、ぜひチェックしてみてください。

「MDR-NC750」
●10月下旬発売予定
●実売価格 1万2744円
※au +1 collectionではブラックのみ、ソニーストアでは各色取り扱い予定。docomo SELECTでの取り扱い予定はなし。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン