このページの本文へ

Googleのストリーミングデバイスに激似の「AnyCast」

2015年09月25日 11時30分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Googleの「Chromecast」によく似たデザインの「AnyCast」がアキバ店頭に登場。あきばお~零などあきばお~各店で販売中だ。価格は3000円(税抜)で、「Chromecast」よりちょっとだけ安い。

形は太った「Chromecast」!? ロゴもChromeを意識した怪しげなデザインになっているこのデバイスは、その名も「AnyCast」という

 見た目はちょっと太ったChromecastといった印象で、機能もほぼ同じ。スマートフォンやタブレットの映像をWi-Fiで転送、テレビなどの大画面で視聴できるストリーミングデバイスだ。

 HDMIでテレビに直挿しするアダプタータイプの端末で、本体はWi-Fi非搭載。給電ケーブルを兼ねた専用ケーブル上のWi-Fiユニットにより、スマートフォンなどのモバイル端末と通信する仕組みだ。Wi-Fi規格は802.11b/g/nに対応、室内8~10mの距離で通信できる。

スマホの画面をテレビなどにWi-Fi転送するデバイスで、基本的には「Chromecast」と機能は同じ。お尻のmicroUSB端子を備え、ここに給電ケーブルとWi-Fiユニットが接続される

 対応OSは、iOS 7以上、Android 4.2以降の端末。見た目はちょっと怪しげながら、安めのストリーミングデバイスを使ってみたい向きには面白い選択肢といえる。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン