このページの本文へ

東京ゲームショウ2015レポート第14回

東京ゲームショウで見つけた最新ゲーミングデバイス

2015年09月18日 15時00分更新

文● 北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 東京ゲームショウ1015で見つけた、PCパーツメーカーの気になるゲーミングデバイスを紹介していこう。

例年に比べて、PCゲーミングのブースが増えた印象が強い2015年の東京ゲームショウ

ロジクール

 ロジクールでは、7.1chサラウンドゲーミングヘッドセットの新製品を2機種展示している。耳元で調整可能なオーディオコントローラーで、音量調節やマイクミュートなどを直感的に操作できるほか、カスタマイズして特定のアプリケーションの操作を行なうこともできる。RGBライトの色は、最大1680万色のパレットから設定可能だ。

「ロジクール G633 RGB 7.1 サラウンド ゲーミングヘッドセット」。9月24日発売で価格は2万130円(税抜)「ロジクール G933 ワイヤレス 7.1 サラウンド ゲーミングヘッドセット」。10月発売予定で価格は2万4130円(税抜)

SteelSeries

8月13日に発売されたメカニカルゲーミングキーボード「APEX M800」。従来のメカニカルキーより25%反応が速い独自のキースイッチ「QS1」を採用する。価格は2万7000円前後ゲーミングヘッドセット「SIBERIA」シリーズ。型番PがPS4用、型番XがXbox One用で、それぞれ上位モデルの300と下位モデルの100をラインナップ。発売日と価格は未定
PS4用のヘッドセット「SIBERIA P300」Xbox One用のヘッドセット「SIBERIA X100」
WindowsとAndroidで使えるゲームパッド「SteelSeries Stratus XL Wireless Gaming Controller for Windows&Android」。すでに発売中のiOS用(税込9072円)のAndroid版で、単三乾電池を2本使用する。発売日と価格は未定
Bluetooth接続のiOS用ゲームパッド「SteelSeries Nimbus」。リチウムイオンバッテリーを搭載する。9日に発表された新型「Apple TV」にも対応し、Apple TVと同時発売の予定だ。価格は未定

MAD CATZ

CESで発表され話題となったゲーミングマウス「R.A.T. PRO X」(写真右)と、国内初公開となるその廉価版「R.A.T. PRO S」(写真左)「R.A.T. PRO X」は14点もの交換用部品が付属する。パームレストや底面のソールはもちろん、センサーやホイールのリングまで交換できる。ちなみに米国での価格は298ドル
Bluetooth対応ヘッドセット「F.R.E.Q.9」。AM3D A/Sのサラウンド技術「AM3D Surround Sound」を採用する。発売日と価格は未定アーケードスティック「Ultra Street Fighter IV “Rivals” Arcade FightStick Tournament Edition 2」の天板を春麗のイラストにしたモデル。イラスト以外の仕様は変わらない
参考出展のPS4用小型アーケードスティック前述のアーケードスティックと比べると、その小ささがわかる
Bluetooth対応ゲームパッド「L.Y.N.X. 9 Mobile Hybrid Controller」。ゲームパッドに、小型キーボードやスマートフォン固定台をドッキングできる。発売日と価格は未定

AVerMedia

USB 3.0接続のHDMIゲームチャプチャーユニット「GC550」。1080p/60fpsで録画でき、画面内に小画面を表示するPiP機能での録画やライブ配信にも対応する音域を自由に調整可能なゲーミングスピーカー「GS315」。ゲームに最適化した音声を楽しめるほか、小音量でも高音質で再生できるという

東プレ

年内に発売予定のUSBキーボード「TYPE HEAVEN RGB」。東プレ初のRGB LEDバックライト搭載モデル。全キー45gの荷重採用で、キーの位置を4段階(1.5/2/2.5/3mm)で調整できるのが特徴。価格は未定こちらは現在開発中のアナログキーボード。キーを押す強さや深さを全キーがそれぞれ検知できるため、レーシングゲームでのステアリング操作や、ピアノ演奏のような強弱を含めたキー入力が可能

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ