このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

「モンハン夏の“クロス”体験ツアー」のメディア向け体験会が開催

狩技の爽快感がたまらない! モンスターハンタークロスを一足早く体験してきた!

2015年08月09日 09時00分更新

文● 八尋/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「モンハン夏の“クロス”体験ツアー」

 カプコンは8月7日に、ニンテンドー3DS用ソフト「モンスターハンタークロス」や「モンハン日記ぽかぽかアイルー村 DX」がいち早く体験できる「モンハン夏の“クロス”体験ツアー」のメディア向け体験会を実施した。

 モンハン夏の“クロス”体験ツアーは、8月15日に名古屋、8月22日に仙台、8月30日に福岡、9月6日に京都と日本各地で順次開催する。

必殺技の爽快感がたまらない! 「モンスターハンタークロス」をプレイ!

モンスターハンタークロスをプレイ!

 体験会では、モンスターハンタークロスをプレイした。モンスターハンタークロスは、「狩技」「狩猟スタイル」といった新要素と、14種類の武器が選択できるのが特徴となっている。狩技は、モンスターに攻撃を与えたりすると溜まる“狩技ゲージ”を最大まで溜めることで発動できる。武器固有で繰り出せる技と、武器種関係なく繰り出せる技がある。

 狩猟スタイルは、攻撃やアクションのバランスに優れた「ギルド」、シンプルな操作に加えて狩技を装備できる数が一番多い「ストライカー」、空中からの攻撃を自在に繰り出せる「エリアル」、モンスターの攻撃を躱し、鋭い反撃へと転じる「ブシドー」が選択できる。体験会では、ギルド/ストライカー/エリアルを選んでプレーできた。

狩猟スタイルでエリアルを選択すると、モンスターを踏み台にしてジャンプし、空中から攻撃できる「狩技」はボタン一つで発動でき、爽快感もたまらない!
狩技はゲージが満タンになると発動できる

 武器種は「大剣」「太刀」「片手剣」「双剣」「ハンマー」「狩猟笛」「ランス」「ガンランス」「スラッシュアックス」「チャージアックス」「操虫棍」「ライトボウガン」「ヘビィボウガン」「弓」の14種類が選べる。

 体験会でプレーできたクエストは、「ドスマッカォ」「ホロロホルル」「ナルガクルガ」の3種類。それぞれ武器は太刀/ギルド、ハンマー/エリアル、スラッシュアックス/ストライカーでプレーした。プレーして一番感じたのは必殺技の爽快感だ。ニンテンドー3DSの下画面でボタンをタッチすると発動できるので操作も簡単。迫力のある必殺技を繰り出してモンスターがダウンしたりすると、すごくテンションが上がった。

「ドスマッカォ」
「ホロロホルル」「ナルガクルガ」

 また、ホロロホルル戦では、ホロロホルルの放つ鱗粉を吸ってしまうと起こる状態異常「前後不覚状態」により、操作の前後が逆になってしまうのにはかなり苦労した。懐かしのナルガクルガはやはり強敵で、体験会では1クエスト15分だったこともあり、時間切れとなってしまった。

 モンスターハンタークロスは、従来シリーズのシステムを踏襲しつつ、狩技や狩猟スタイルなど新要素が加わったことで、操作の奥深さと簡単さを両立していると感じた。従来シリーズをプレイしていた人も、初めてモンスターハンターをプレーする人も存分に楽しめるのではないだろうか。

アイルーたちの動きがいちいち可愛い「モンハン日記ぽかぽかアイルー村 DX」

「モンハン日記ぽかぽかアイルー村 DX」をプレイ!

 続いて体験したのがモンハン日記ぽかぽかアイルー村 DX。本作は、アイルー村の町おこしをするために、村にやってきたアイルーの願いを聞いたり、クエストをこなすことで仲間を増やしていくモンスターハンターのスピンオフ作品。シリーズとは違い、ほのぼのとしたスローライフが楽しめるのが特徴となっている。

 前作「モンハン日記 ぽかぽかアイルー村」には登場しなかった種類のアイルーやモンスターが登場するほか、モンスターの赤ちゃん「モンスターベビー」と触れ合える施設「こもれびの巣」といった新要素を追加。人気キャラクターとコラボしたマイアイルーの衣装も登場する。

クエストをプレーアイルーたちのアクションがいちいち可愛い

 体験会では、村のテントで受注できるクエストをプレー。場面に応じて「前進」「攻撃」「最終」「食べる」「催眠術」などのアイコンが表示され、適切なものを選択することでクエストをこなしていく。アイコンの中には「踊る」や「うたう」などもあり、その動きがいちいち可愛いのが印象的だった。シリーズ本編とはまた違う、女性や子供も存分に楽しめるゲームだろう。

(次ページ「アーケードゲーム『モンスターハンター スピリッツ』もプレー!」へ続く

前へ 1 2 次へ

東京ゲームショウ2019大特集!

  • 週アス TGS2019 特別版を公開中!

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ