このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” 第418回

ミラーレス一眼「LUMIX G7」の4Kフォトで猫の決定的瞬間を撮る!

2015年08月07日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

4Kフォトで猫の決定的瞬間を押さえる!

 さてどうだったか。

 いやあ、面白いわ、これ。

 ちょっと暗い室内というのは4Kフォトにはキツい環境であるが、「あずき」がカメラのレンズフードに強烈な右フックをかます瞬間を4Kフォトで撮ってそこから連続した4コマを抜き出したのがこれだ。

 せっかくなので4枚連続でどうぞ。

あずきの右フック一閃! である。目付きといい右前足の動きといい、素晴らしい躍動感(2015年7月 パナソニック LUMIX DMC-G7)

 4Kフォト自体は2014年モデルから出ているが、G7では新たに「4Kプリ連写」機能が加わった。

 まあようするに、このモードにしてシャッターを押すとシャッターを押した瞬間の前後を4K動画で撮ってくれる機能だ。

 猫の場合「あっ」と思った瞬間に撮影しても間に合わないのが常なんだが、4Kプリ連写モードなら間に合うのである。

 そうして撮ったのがこれ。

「ささげ」が机の下から猛ダッシュするも、わずかに届かず残念でしたの巻(2015年7月 パナソニック LUMIX DMC-G7)

 「あずき」がオモチャと遊んでたら、机の下にいた「ささげ」が2列目から強力なダッシュでそれを奪い取ろうとダイブしたものの「あずき」の右前足におさえられて届かなかった、の図。

 机の向こうに私のカバンが悪目立ちしているのは勘弁してください。油断した。

 いやあ、猫って面白い。

 もちろん縦位置で撮ってもよし。

戸棚の上で遊ぶ2匹を4Kプリ連写で。左前足のしなりがポイント(2015年7月 パナソニック LUMIX DMC-G7)

戸棚の上で遊ぶ2匹を4Kプリ連写で。左前足のしなりがポイント(2015年7月 パナソニック LUMIX DMC-G7)

 遊んでるところのみならず、普段の様子でも、4Kフォトで撮ってヒトコマヒトコマ見比べてみると、猫のちょっとした目線、ちょっとした目の開き具合、ちょっとした耳の角度で印象が常に違ってくるのがわかって面白い。

ぐぐっとアップで寄った中から一番ブレてなくてきれいに撮れた瞬間を選んでみた(2015年7月 パナソニック LUMIX DMC-G7)

ぐぐっとアップで寄った中から一番ブレてなくてきれいに撮れた瞬間を選んでみた(2015年7月 パナソニック LUMIX DMC-G7)

 まあ、毎回これで撮ってるとメディアがあっという間に消費されちゃうし、あとからいい瞬間を選ぶのが以外に面倒ではあるけれども、ちょっと本格的に使いこなしてみたくなる。

 猫飼いが手にしたら面白すぎて危険な機能かも。

■Amazon.co.jpで購入


筆者紹介─荻窪圭


著者近影 荻窪圭

老舗のデジタル系ライターだが、最近はMacとデジカメがメイン。ウェブ媒体やカメラ雑誌などに連載を持ちつつ、毎月何かしらの新型デジカメをレビューをしている。趣味はネコと自転車と古道散歩。単行本は『ともかくもっとカッコイイ写真が撮りたい!』(MdN。共著)、『デジカメ撮影の知恵 (宝島社新書) (宝島社新書)』(宝島社新書)、『デジタル一眼レフカメラが上手くなる本』(翔泳社。共著)、『東京古道散歩』(中経文庫)、『古地図とめぐる東京歴史探訪』(ソフトバンク新書)、『古地図でめぐる今昔 東京さんぽガイド 』(玄光社MOOK)。Twitterアカウント @ogikubokei。ブログは http://ogikubokei.blogspot.com/


前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン