このページの本文へ

Windows 10リリース記念のファンイベントが開催された

日本マイクロソフト平野社長、Windows 10は「変革の象徴」

2015年07月29日 23時07分更新

文● 松野/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

東京でWindows 10リリース記念のファンイベントが開催

 日本マイクロソフトは7月29日、同社の最新OS「Windows 10」のリリースを記念したファンイベントを東京都・恵比寿で開催した。

会場にはWindows 10搭載デバイスやXboxの体験コーナーが

1階エントランスではSUBARUの「エビススバルビルショールーム」とのコラボ展示も

 全世界13都市で開催されるファンイベントだが、時差の関係上、オーストラリア・シドニーに続く世界で2番目に早い開催となる。これまでWindows Insider Programに参加してきたWindowsユーザーが多数招待されており、会場にはWindows 10を搭載したデバイスやXbox Oneを実際に体験できるコーナーが設置されていた。

日本マイクロソフト 代表執行役社長の平野拓也氏

 ステージイベントでは、7月に日本マイクロソフトの代表執行役社長に就任したばかりの平野拓也氏が登場。「社長に就任して早々、Windows 10をローンチできるのはたいへん光栄で、楽しみにしている。提供にあたり、昨年10月から開発者、ユーザーなど500万人の方々に『Windows Insider Program』に参加していただき、300万件以上のフィードバックをいただいた。Windows 10はマイクロソフトの『変革』の象徴。今後は『windows as a service』として、様々な機能やセキュリティー機能がお客様に届いていく。人々や組織が、より多くのことを達成できるようにするのがマイクロソフトの大きなミッション。今回のローンチ、無料アップグレードを通じて、より多くの方に多くのことを達成していただけるように進めていきたい」とコメントした。

日本マイクロソフト社員を交えてのパネルディスカッションも

DirectX 12やCortanaのデモを実施

 その後、ステージではマイクロソフト社員を交えてのWindows 10の機能に関するパネルディスカッションも実施。Windows 10に搭載される主な機能が紹介されたほか、新ブラウザー「Microsoft Edge」のドルビーオーディオサポート、「Cortana」との会話などのデモを実施。あらたにサポートされたDirectX 12のデモでは、GeForce GTX Titan Xの4way SLI搭載PCを使用したスクウェア・エニックスの技術デモ「WITCH CHAPTER 0 [cry]」が上映され、美麗なグラフィックスとリアルタイムレンダリング技術を見ることができた。

リリースを記念した「10カウントアップ」には平野氏自ら参加。会場と一緒に声を出し、終了後には客席に走り寄って招待ユーザーとハイタッチするなど、サービス精神旺盛だった

 また、リリースを記念した「10カウントアップ」も実施。映像に合わせてカウントを取るセレモニーには平野氏も参加し、会場が一体となって盛り上がった。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン