このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

複数クラウドの統合ポータルや“プロアクティブ運用”“ワンストップ調達”など

富士通エフサス、マルチクラウドの包括的な活用支援サービス

2015年07月30日 06時00分更新

文● 大河原克行 編集● 大塚/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 富士通エフサスは7月29日、新たなクラウドサービスとして、「FUJITSU Managed Infrastructure Service マルチクラウドLCMサービス」の提供を開始した。

発表会に出席した富士通エフサス 社長の高萩弘氏富士通エフサス 取締役執行役員常務の平野一雄氏

複数クラウドの統合ポータル提供、顧客の利活用を包括的にサポート

 マルチクラウドLCMサービスは、パブリッククラウドとプライベートクラウドを組み合わせ、迅速なクラウド導入から稼働後の運用管理まで、ライフサイクル全般に渡って、包括的にサポートするもの。国内で初めて、複数の異種クラウド運用環境を一元的に見える化した「マルチクラウド統合ポータル」を提供する。クラウド運用特有の管理工数やコストを最大40%削減できるととともに、運用の可視化により、ビジネスのスピードアップを実現するとしている。

富士通エフサス「マルチクラウドLCMサービス」の概要図。さまざまなベンダーのクラウドサービスを一元的に運用/活用できる

 富士通エフサスの高萩弘社長は、同サービスについて、「運用面を軸にしたサービスであり、クラウド利活用のスピードアップ、最適なICT環境の導入、クラウド企画、運用工数の大幅削減という点でのメリットを提供できる」と説明した。

 「マルチクラウドやハイブリッドクラウドなど、クラウドの選択肢が増加し、システムが複雑化している。またクラウドの構築や導入は容易だが、企画と運用の工数増大という課題が生まれている。予想外のコストが発生したり、クラウドの頻繁なサービスリリースやメインテナンスに、運用業務がタイムリーに追随できないといった課題も出ている」(高萩氏)

 マルチクラウドLCMサービスでは、適材適所の最適コンサルを提供する「Cloud Consulting」、クラウドシステムの設計・構築を行う「Cloud Design」、クラウド間移行/QCDを行う「Cloud Migration」、クラウド環境の運用自動化を行う「Cloud Deployment」、クラウド環境の統合リソース管理を行う「Cloud Management」、ナレッジ型監視・レポーティングを行う「Cloud Analytics」を提供。「Cloud Consulting」、「Cloud Design」、「Cloud Migration」は即日提供を開始。その他のサービスは、9月から順次提供する。

 「マルチクラウド統合ポータルは、オープンソースを活用して自社開発したもの。利用状況を可視化し、複数のクラウドの利活用を最適化できるものであり、こうしたサービスはほかにはない」(富士通エフサス 取締役執行役員常務の平野一雄氏)

「プロアクティブ運用」「ワンストップ調達」といったサービスも提供される

 また同サービスでは、マルチクラウド統合ポータルに加えて、システムの継続的な成長を促すアジャイル型サービスとなる「プロアクティブ運用」も提供される。

 「統計情報やナレッジをもとに、継続的な運用サービスの改善と成長を実現しているほか、構築実績に基づいて設計したクラウドデザインパターンの活用により、構築に関する工数、コスト、納期を最大60%削減できる。クラウドデザインパターンは、常に最新のものに進化させていく。また、性能、可用性、コスト比較を行うことで、最適な次期クラウドの選定が可能になる」(平野氏)

顧客の利用実績をデータとして蓄積することで、以後のコンサルティングなどに生かすクラウドデザインパターンを用意しており、設計/構築作業の効率を向上させる

(→次ページ、クラウドインテグレーション技術者の育成を急ぐ

前へ 1 2 次へ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ