このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

山谷剛史の「アジアIT小話」第103回

AppleWatch発売に乗じて……中国の変わり種スマートウォッチあれこれ

2015年07月16日 12時00分更新

文● 山谷剛史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
無数の会社からスマートウォッチがリリースされている
無数の会社からスマートウォッチがリリースされている

 ガジェット集積地の深センでは、「AppleWatch」発売の前後でスマートウォッチを扱う店をぽつぽつと見かけるようになった。

深センのスマートウォッチ取扱い店 深センのスマートウォッチ取扱い店

 値段はAppleWatch似のもので250元(約5000円)程度から、QQや微信などのメッセンジャーの着信通知や歩数計や時刻表示ができるもので100元(約2000円)弱から入手できる。

 売られているスマートウォッチは模倣したものだけではない。いくつかの展示会を回るうちに、さまざまな差別化を図ろうとしたスマートウォッチを見て触ることができたので紹介したい。

高精細ディスプレーを採用する「GEAKWatch2」

GEAKWatch
「GEAKWatch2」
同じく「GEAKWatch2」

 中国のスマートウォッチの中で頭一つ出ているのは、果殻の「GEAKWatch2」だ。GEAKWatchでは四角形だった本体は円形になり、安っぽさがないためモノとして装着したくなる。

 標準タイプのGEAKWatch2が1999元(約4万円)。ベルトや本体の材質にこだわり、標準タイプよりバッテリーの持ちを2割長くし、心拍数も計れるようにした「GEAKWatch2 PRO」が2499元(約5万円)だ。なかなかの値段だが、これまでに累計で25万台を販売している。

GEAKWatchは高解像度だからこそのデザインを用意 GEAKWatchは高解像度だからこそのデザインを用意

 横の「バック」「ホーム」「セッティング」各ボタンとタッチパネルで操作でき、スペックは4GBストレージと384MBメモリー、無線関連ではBluetooth 4.0と無線LANを内蔵。320×320ドット表示が可能な1.26型ディスプレーにより、他の中国製スマートウォッチよりも精細で気持ちよく使えるのがなによりの魅力だ。

 独自OS(GEAK Watch OS)を搭載し、時刻関連やカレンダー関連やスマートフォンとの連携ほか、家電をコントロールする「Broadlink」やパワーポイントの操作などができる。ゲームはベトナム発の人気ゲーム「Flappybird」がインストール可能。また、カスタム時計プラグインを果殻自身で用意したほか、デザインコンテストも実施し、ユーザーが開発したのプラグインが多いのも魅力だ。

セキュリティーベンダーが販売する
子供向けスマートウォッチ「360児童衛士3」

360児童衛士3 「360児童衛士3」

 GEAK Watch以上に売れているのが子供向けのスマートウォッチ「360児童衛士」で、第二世代の製品「360児童衛士2」は80万台が売れたそうだ。

 360とは正式には「奇虎360」というセキュリティーベンダーで、同社が出す最新のスマートウォッチが第三世代となる「360児童衛士3」だ。

 解像度は128×128ドット。詳細な居場所をつかめることを目的に、GPS、WiFi、2G、重力センサーを内蔵し、SIMカードが挿入でき、両親の電話番号など、特定の電話番号にかけることができる。

 厚さは15mmながら500mAhのバッテリーを内蔵。連続待受は約5日間を実現し「Apple Watchより待受時間は6倍長い」とアピールする。地図で行動範囲を指定し、それを出るとアラームが鳴る仕掛けもある。値段は399元(約8000円)。

360児童衛士3と同コンセプトの「SMART UFO」
360児童衛士3と同コンセプトの「SMART UFO」

(次ページに続く、「紫外線が測れる女性向けスマートウォッチなども……」)

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン