このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ここが変わったWindows 10 第60回

Windows 10 Mobile ビルド10149を紹介

Windows 10 Mobileが急速にブラッシュアップ

2015年07月05日 12時00分更新

文● 柳谷智宣 編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アクションセンターからLEDをオンオフできる

 画面上端から下にスライドすると、アクションセンターが表示される。クイックアクションボタンが折りたたまれている場合は「展開」をタップしてみよう。従来は3段12個だったボタンが、4段16個に増えているのだ。新しく追加されているのが、「Battery saver」「Flashlight」「Note」「携帯データ通信」の4つだ。

 「Note」を開くと、アプリのインストールを求めらるが、該当するアプリのページが開かないので利用できない。「Battery saver」も設定画面から操作した内容は反映されるが、クリックアクションボタンを押すことで設定を変更することはできない。

 「携帯データ通信」をタップすると、携帯通信でのデータ通信をオフにできる。格安SIMなどで運用する際、無線LANベースで使うつもりなら、便利に使えるだろう。ということで、一番便利なのが、「Flashlight」だ。タップすることで、端末のLEDをオンオフできる。とっさのときの懐中電灯代わりに重宝するだろう。

ナビゲーションバーを開く。クイックアクションボタンが折りたたまれている場合は「展開」をタップ使用

16個のクイックアクションボタンが表示された。まだ翻訳が追い付いていないことが見て取れる。「Flashlight」をオンにすると、LEDが点灯する

「Note」をタップするとこの画面が開くが、「はい」をタップしてもストアアプリが起動するだけだ

バッテリー節約機能のステータスは正常に動作するが、クイックアクションボタンからのオンオフはできない。オンオフする際は設定から「バッテリー節約機能」を開く必要がある

Windowsフィードバックを有効にしていると、プレビュービルドの使い勝手を質問されることがある

 最新ビルドは、動作がスムーズで快適に利用できる。日本語化も進み、新機能もこなれてきた。この時点で「Flashlight」などを搭載してくるのも嬉しいところ。このペースでどんどん開発を進めていただきたいところだ。


前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン